記事

なぜアップルに負けたのか。ソニー・ミュージック元社長が見た「サイロ」(後編) 『サイロ・エフェクト』 (ジリアン・テット 著/土方奈美 訳)(文藝春秋 刊)

フィナンシャル・タイムズ紙の記者が、多くの企業・組織が悩まされる縦割りの弊害を分析した書籍『サイロ・エフェクト』。日本人読者にとって興味深いのはソニーに関する分析だ。元ソニー・ミュージック社長が本書の評価を語りつつ、内側から見たソニーグループの「サイロ」、プレステ開発秘話、音楽配信ビジネスの裏話を明かす。

画像を見る
『サイロ・エフェクト』 (ジリアン・テット 著/土方奈美 訳)(文藝春秋 刊)


――本書ではソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)にも触れています。「SMEの経営陣はデジタル音楽の台頭によってレコードやコンパクトディスクの売り上げが浸食されることを恐れるあまり、他の事業部門と協力することは拒絶していた」(p.89)とある。そのためアップルに敗北したというのですが、音楽のデジタル化が始まったこの時代、SMEの社長を務めていたのは丸山さんです。

 この点について、私が推進派か、反対派だったかというのは非常に微妙ですね。

 私はゲームの世界にいましたので、デジタル化に関する認識は音楽業界の中でも先頭を走っていました。90年代の前半、SCEアメリカのトップだった私は毎週、サンフランシスコへ出張に行っていましたが、機中で一緒になったインターネット・サービス企業「IIJ」創業者の鈴木幸一さんに、「これからインターネットの時代になれば、CDなんていらなくなりますよ」と、さんざん脅されたこともあった(笑)。

 だから私が音頭を取り、日本のレコード会社各社が出資して、アナログ音源をデジタル化してストックする会社「レーベルゲート」を設立しました。レコード会社主導でデジタル化を推進したのは世界でも他に例がありません。

 配信に関しても、99年に音楽ダウンロード配信サイト「bitmusic」をスタートさせて、SMEは世界で初めて配信ビジネスに乗り出した。オープニングセレモニーでスタートボタンをポンと押したのは社長だった私です。当時は1曲をダウンロードするのに20分以上かかっていましたので、とてもビジネスにはなりませんでしたが、半導体の性能は18か月ごとに倍になるという「ムーアの法則」にしたがえば、10年もすれば瞬時にダウンロードできるようになると予測はしていました。

 とはいえ頭では理解していても、目の前の売上をみればCDの販売収入が圧倒的です。だから10年先に配信の時代がくるという現実感はなかったのが正直なところです。

画像を見る

 これでお分かりのように、デジタル化も配信ビジネスについても私は積極的でした。しかしソニー本体は違う見方をしていたかもしれません。

 音楽をデジタル化してネットで配信するためには、音声データを圧縮しなければならないのですが、ソニーは当時、広く利用されていた「mp3」という技術ではなく、「ATRAC(アトラック)」というソニー独自の技術をデファクト・スタンダードにしようとしていました。SMEにも「他のレコード会社にもATRACを使うよう求めろ」と言ってきた。

 ところが私もアメリカSMEも他のレコード会社も、「mp3のほうが便利だよな」と思っていて、ATRACをデファクト・スタンダードにする活動の手を抜いていたのは事実。だからソニー本体からすれば、ソニーグループ内のソフト会社の協力を得られなかった、ということになるかもしれません。

 一方でアップルは使いやすいmp3を採用して、配信サイト「iTunes Store」をスタートさせた。それが勝負を決めたという部分はある。よさそうなものをパッと選択する能力。これも「鼻がきく」かどうかという問題で、そのころのソニーには、自分たちの技術にこだわる空気が充満していましたね。

サイロの中にいることを自覚してほしい

――本書には「アップルはアップル製品だけでなく、他社製品のユーザーでも利用できるプラットフォームを設計した。ソニーのデジタル音楽端末が独自技術にこだわっていたのとは対照的だ」(p.91)とある。

 独自技術へのこだわりは、プレイステーションの成功が大きく影響しているのです。プレイステーションはソニーが開発したプラットフォームですから、ソフトを制作するにはソニーの許諾が必要です。いわばソニーはビルのオーナーで、そこで商売しようというテナントさんから家賃がバンバン入ってきた。だから久夛良木と私は、ソニーの社内をデカい顔して歩いていました。すると私たち以外の人間は、「あんちくちょう、俺たちだってやってやろう」となる。だから独自規格にこだわった。

 規格やプラットフォームを握った者が天下をとる。こうした覇権争いは1983年に任天堂がファミコンを発売したときから始まっており、アップル、フェイスブック、最近でいうとLINEにも言えることです。

――いま丸山さんは『サイロ・エフェクト』を音楽業界の後輩たちへ薦めていると聞きました。

 音楽ビジネスに関わっている人間がサイロの中に閉じこもっているからです。「これまでの体制を破壊して次のビジネスモデルへ移行しなければならない」と、私は以前から口をすっぱくして言ってきました。

 私がソニー・ミュージックの社長を2年足らずで辞めたのは、デジタル化、ネット化によって、従来のビジネスモデルが崩壊することが予見できているのに、体制の変革を嫌う人が多かったからです。だからSMEに残っている既存のビジネスで生きてきた人と一緒に自分が身を引いて、次世代が変革できるような道筋をひこうと考えた。

 ところが私が辞めてから15年も経っているのに、まだ既存のビジネスモデルで食えると思っている人が多い。危機感が足りないのです。

 いまもCDが売れているとはいえ、それはAKBやジャニーズといったごく一部で、しかも彼らはグッズ販売で収益をあげるビジネスモデル。ファンはCDもグッズのひとつだと思っている。

 ところが、「売れているのはグッズ」と言ってしまえば、「音楽は売れていない」ということになるから、音楽ビジネスの人間は、「CDはまだ売れている」と、自分で自分を騙している。

『サイロ・エフェクト』を薦めるのは、「いま自分たちがいる場所がおかしい」ということを分かってほしいからです。このまま後輩たちが食えなくなるようになるのもツラいので。

 とはいえ直接、苦言を呈するのはエネルギーがいるから、「この本を読んでくれ」と言っているのです。読めば心ある人間は、自分たちがサイロの中にいることを自覚するでしょう。

 この本の1行目にこうあります。

「なぜ、私たちは自分たちが何も見えていないことに気がつかないのか?」(p.6)

 気がついていない人は音楽業界以外にもいるでしょう。はたして自分はどうなのか。それを考えるためにも、手に取ってほしい一冊です。

丸山茂雄(まるやましげお) 画像を見る 1941年、東京都出身。68年、CBSソニーレコード創業と同時に入社。78年にEPICソニーの設立に参加。同社をロック専門レーベルとして成功させる。手がけたアーティストは佐野元春や小室哲哉、Dreams Come Trueなど多数。音楽業界では「ロックの丸さん」と呼ばれた伝説的な人物で、98~2000年にはソニー・ミュージックエンタテインメント社長を務める。また、ソニー・コンピュータエンタテインメント設立時の副社長として、久夛良木健氏とともにプレイステーションを世に送り出した。父はがん治験薬「丸山ワクチン」の開発者、丸山千里博士。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。