記事
  • Sozen

在庫増で原油相場大幅反落

5月11日のNYMEX WTI 原油先物は大幅に反落し、前日比$5.67/bbl安の$98.21/bblで引けました。引け後の時間外取引は$98/bbl台半ばです。

米国エネルギー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫やガソリン在庫が予想外に増加したことに加え、中国経済の減速懸念などが原油相場の頭を抑えています。

在庫の増加は驚くような数字でもありませんでしたが、市場参加者の多くが週明けからの原油相場の反発は長くは続かないと見ていたのか、ちょっとしたきっかけで崩れ$100/bblの大台を割ってしまいました。
月曜の安値の$97/bbl台半ば付近で下支えられましたが、切り返すことはできるのでしょうか。

EIA統計によると先週の米国の石油製品総出荷量は日量1,816万バレルで、2009年6月以来の低水準に落ち込んでいます。
2009年の5月から今年4月まで続いた製品出荷の回復基調はここにきて崩れそうで、石油価格高騰による消費減退が懸念されます。

図1

OPECは5月月報で2011年の世界の石油需要見通しを前回月報から日量14万バレル上方修正して同8,808万バレルとする一方、OPEC非加盟国による供給量は日量7万バレル上方修正の同5,291万バレルとしています。
ただし、2010年から2011年の需要の伸びは日量140万バレルと前回予測から据え置きです。

また、OPECの推定による加盟12か国の4月の産油量は、日量2,899万バレルで前月比7万バレル増となっています。
リビアやアンゴラの減産分はサウジアラビアやナイジェリア、クウェートの増産が補っているようですね。

中国国家統計局によると、同国の4月の鉱工業生産は前年比13.4%増で予想を下回るものでした。
4月の自動車生産などは、2008年12月以来の前年割れです。

中国の4月の原油処理量は日量909万バレルに相当する3,720万トンで3月の日量890万バレル相当からは増加していますが、前年同期に比べた伸びは6.8%増に止まり、2桁の伸び率を記録した昨年に比べて減速が目立ちますね。

図2

2011/5/11
NYMEX WTI Jun $98.21/bbl ( -5.67 )
20日移動平均: $106.30 ( -0.85 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $116.50 / -2σ: $96.11
 幅: $20.39 ( +2.04 ) / 100日平均: $11.73
ボラティリティ
 46.04 ( +2.42 ) / 100日平均: 27.26

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。