記事

イエメン情勢

イエメン情勢につき、断片的ですが、次の通り

・クウェイトにおける和平協議に関し、28日は午後双方の代表団の入った会議が初めて開かれた。
それに先立ち、国連代表はそれぞれの代表団と個別に会談し、またイエメン問題解決支持の18国の大使もそれぞれの代表団と会談した。
会議では、国連代表の示した5項目の議題の実施方法等について協議していくことになるが、hothy-サーレハ連合は依然として、他の議題に入る前に、まず移行期間と双方のメンバーが入った移行政府の問題を議論すべしとの立場を変えていない。

(国連特別代表は、会議の結果は積極的であると、何時もの楽観論を繰り返しているが、シリアの和平協議に比べたら、イエメンの方がまだ会議を続けているだけでも、はるかにマシと言えるかもしれない)

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2016/04/28/مشاورات-الكويت-تشهد-تطورات-عدة-ولقاء-مشترك-بين-اليمنيين.html

http://www.alquds.co.uk/?p=524038

その他のイエメン関連情報次の通り

・政府軍関係者は、hothy連合が各地で停戦違反を繰り返していると非難している。
・「今日のロシア」誌によると、政府軍は、タエズでhothy連合に参加していた多数の外国人を捕虜にした。その中には28名のエチオピア人が含まれる由。
hothy連合は、アフリカから貧困を逃れてイエメンにたどり着いた者たちを、徴兵している
(確か、前に政府軍側でも、GCCのどこかの部隊が南米の傭兵を使っているとの報道があったかと思いますが、その後確認はとれていないようです)

・米軍の中央軍の海軍司令官は、hothy連合とアルカイダとISが、イエメン近辺の紅海の自由航行に対する重大な脅威であると語った。
司令官は、この脅威が現実化したら、国際通商の重要な経路である紅海が危険となり、世界経済に深刻な打撃を与えると語った。

・アラブ連合軍は、南イエメンにおける過激派の脅威を取り除くために、今後とも積極的な攻撃を行うと言明した。
先日政府軍を支援して、サウディ軍、UAE軍が、マカッラからアルカイダを駆逐したが、その際には12時間で、アルカイダ800名を殺害した由。
またこのマカッラ喪失で、アルカイダは重要な資金源を失った由。

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2016/04/28/قوات-التحالف-تتعهد-بالمضي-في-تحرير-اليمن-من-الإرهابيين.html

http://www.alquds.co.uk/?p=524038

あわせて読みたい

「イエメン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。