記事

不可避の日米「新時代」

本日4月27日(月)、米国政治に精通した東洋大学客員研究員の横江公美さんから、変化する米国政治についてお話を伺った。横江さんはアメリカの有力シンクタンクであるヘリテージ財団で、上席研究員として経験を積まれた政治アナリストだ。

共和党の大統領候補者指名を争うトランプ氏が日米同盟を批判した際には、日本でもその発言が大きく取り上げられた。しかし同氏の発言を、現在のアメリカ政治において異端とバッサリ切り捨てることは本質を見誤ることになると横江さんは警鐘を鳴らした。冷戦時代の日米同盟を知る議員が次々と政界から引退する中で、何故わざわざ自国の若者の命を危険に晒してまで日本を守る必要があるのだろうか、という素朴な疑問を抱く新世代の議員が増えているのだという。つまり日本は守る対象から協働する同志へと変わりつつあるのが、現在の米国政治の潮流だという。

日米同盟は外交の主軸である。しかしそのためには、日本自身が国際秩序の安定に向けて汗をかくことが求められる。結果として米国政治の変化は日本にも同様に変化を求めることになるが、これを日本が普通の国へと変貌する好機と捉えたい。安倍政権の積極的平和主義は、正に日本自身が当事者意識をもって世界平和のために働くことを意図したものであるからだ。

あわせて読みたい

「日米同盟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。