記事

不祥事を繰り返す企業を本当に笑えますか? - (後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)

2000年、2004年の大規模なリコール隠しに続き、軽自動車の燃費を実際よりよく見せるためにデータを不正に操作するという事件が三菱自動車工業で起こった。

それで、10年ほど前に友人が言った言葉を思い出した。最初の不正発覚前に三菱自動車から転職した友人だ。品川で会食をした後、彼は港南口にある大きな三菱自動車の看板を見て、冷笑的にこう言った。「そう簡単にあの会社は変わらないよ。」

また、数年前、ドイツの自動車メーカーで技術者として働く別の友人と電話で話した際、こんな話を聞いた。「日本のタイヤメーカーと組んで仕事をしていますが、ドイツ人が驚いていますよ。日本人は一人ひとりの能力は高そうに見えないが、チームになると高い能力を発揮する。日本人の集団の力はドイツ人から見てもすごいようです。」

■組織文化の功罪

この2つの話の話は、実は組織文化という切り口でつながる。組織文化とは、その組織に通用する規範(ルール)であり、メンバーが拘束されるものだ。コンプライアンス(法令等遵守)分野でよくいわれる「組織の常識は世間の非常識」といったときの常識とは、組織文化を指している。

組織の常識に従っていれば、いちいち行動の意味を検討したり、価値基準を考えなくて済む。それがメンバーの阿吽の呼吸を生み、効率化を促進する。共有された価値観の体系はチームのまとまり(集団凝集性)も高めていく。

これが組織文化の功績ならば、弊害が三菱自動車の例だ。自組織特有の規範である組織文化は、内向きになり、見直す機会をもたなければそのズレが許容範囲を超え、一般社会の道徳・倫理・法規等の規範から逸脱していく。

■個人の立場から如何に見直すか

組織文化の改善は、マネジャーの立場から行うべきことが多いが、ここでは個人の立場からできることを挙げてみよう。

正社員として働く人間の個人と組織の関係を、便宜的に以下の2タイプに分類する。
リンク先を見る
タイプ1.組織は個人の中において、ひとつの相対化された存在
タイプ2.ひとつの組織が個人にとって絶対化された存在

タイプ1は、他の集団や、外部から自組織を見直すことができる。一方、タイプ2は、自組織以外の文化が外部と異なることを認識する機会が極めて少なくなるはずだ。ワーカホリックの傾向がある人間は大抵タイプ2になる。職場とは異なる世界とその文化に触れる、自組織を相対的にみる機会をもつというのは、ワークライフバランスをとることのメリットのひとつでもある。

■組織内に居ながら外の視線を意識しているか

もちろん、いくら働き過ぎといわれようと目の前の仕事と責任から逃れられる訳でもない。しかし、私たちはその気になれば、組織に居ながらにして自組織の文化を見直す機会はいくらでもある。

日頃は聴いても、笑いながら言葉を濁す取引先も、聴く姿勢を示せば、もしかしたら外から見た姿を語ってくれるかもしれない。

4月から施行されたいわゆる女性活躍推進法による取り組みにより、これまでの男性中心の組織文化に対して黙して語ることのなかった女性の意見が表明される機会は増えていく。彼女たちはこれまで組織内マイノリティとして、彼我の差異をシビアに見ていたはずだ。

また、集合研修をようやく終え、所属部署に配属されてきた新人社員は、未だ自組織を「うちは、」といえるほどに組織文化になじんでいないだろう。自組織の文化に染めることだけに血眼になるには惜しいのではないか。

その気になれば、外の目で組織の常識を顧みる機会はそこここに存在している。私たちは、謙虚に自分たちの常識=組織文化を見直す感受性・寛容性をもっているだろうか。もし、自らを省みることがなければ、知らず知らずのうちに、「世間の非常識」と見られる振舞いをしている可能性が高いだろう。
果たして、不祥事を繰り返す企業を笑い飛ばすことのできる人間は、どれだけいるのだろうか。

【参考記事】
■インタビュー事例紹介 待機児童/職場復帰の不安(後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)
http://redesign64.jugem.jp/?eid=108 
■「管理職になりたくない」部下をもったなら (後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)
http://sharescafe.net/47559416-20160118.html
■女性活躍の本質 ~「男性と違う何かをする必要はない」を書いて改めて思うこと~(後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)
http://redesign64.jugem.jp/?eid=101
■マタハラ降格判決から学ぶ組織人間の危険性(後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)
http://sharescafe.net/46987171-20151123.html
■「LGBTはちょっと…」という前に (後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)
http://sharescafe.net/47900787-20160223.html

あわせて読みたい

「三菱自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  5. 5

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。