記事

アサヒ増収増益・キリン減収減益で1―3月期明暗、見通し据え置き

[東京 28日 ロイター] - アサヒグループホールディングス<2502.T>とキリンホールディングス<2503.T>の大手ビール2社が28日発表した2016年1―3月期業績は、アサヒが増収増益となったのに対し、キリンは減収減益と明暗を分けた。ただ、ビール会社にとって1―3月期は比重も低く、両社ともに通期見通しは据え置いている。

アサヒの1―3月期は1.6%増収、6.3%営業増益となった。売上高3802億円は、第1・四半期として過去最高。

国内ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)の販売数量は3%増となったほか、エノテカ効果でワイン事業が大きく伸びた。これら酒類事業が収益に寄与した。一方、国際事業は、為替円高の影響により、減収減益となった。

キリンの1―3月期は、ミャンマー・ブルワリーの新規連結があったものの、6.1%減収、3.5%営業減益となった。

国内ビール類販売が11%減と計画を下回ったことが要因。「一番搾り」は市場の減少幅並みの1%減にとどまったものの、発泡酒や新ジャンルが大きく下振れた。海外総合飲料も為替の影響や、ブラジルキリンの輸入原料費増加などで減収減益となった。

2016年12月期の見通しは、両社ともに据え置いている。アサヒの連結営業利益予想は前年比1.4%増の1370億円。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト14人の営業利益予測の平均値は1411億円となっている。

一方、キリンは同0.2%増の1250億円を計画。アナリスト12人の営業利益予想は1276億円となっている。

(清水律子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。