記事

産経新聞、阿比留瑠比の戯言を嗤う

産経新聞4月24日の社説「日本の報道を見損なうな」と、今朝の阿比留瑠比の「反権力がマスコミの本分か」は、次回「ゴー宣道場」の参考文献にする。
我々は反対意見こそをしっかり吟味して議論に臨む。

阿比留瑠比はジャーナリズムの本分は「権力の監視」ではないと言っている。
宮家邦彦も「権力の監視」ではないと主張する。
阿比留は「権力であれ非権力であれ、いいものはいい、ダメなものはダメの是々非々でいいだろうに」と考えるらしい。
わしはそんな曖昧な感覚のジャーナリストは信用しない。

そもそも産経新聞は、安倍政権だから権力擁護に努めるわけで、民進党政権なら徹底的な反権力と化すはずなのだ。

わしの場合は、自民党だろうと、民進党だろうと、良い政策は支持するが、悪い政策は徹底批判する。
そういう意味では、わしは「反権力」のスタンスは崩さない。
権力は恐ろしいものだという認識を持っているからだ。

産経新聞・読売新聞が「保守」だとも、わしは思わない。
「従米保守」であることは確かで、イラク戦争を熱烈に支持した態度を見れば、「真実」からははるかに遠く、イラク戦争の失敗を反省しない態度からは、「事実」を直視する勇気もない、単なる自民党の広報誌であるとしか、わしには見えない。
およそジャーナリズムを語る資格もないのだ。

以上の批判はまずジャブである。
次回「ゴー宣道場」では、もっと恐ろしいまでの批判を展開したいと思う。

あわせて読みたい

「産経新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  2. 2

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

  3. 3

    安倍首相による平和賞推薦に疑問

    舛添要一

  4. 4

    統計不正は森友と同じ忖度行政

    岸本周平

  5. 5

    辺野古の賛否問う県民投票に疑問

    MAG2 NEWS

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    林修 ブレイク6年目も消えない訳

    文春オンライン

  8. 8

    「ダメ、ゼッタイ。」が生む偏見

    WEDGE Infinity

  9. 9

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  10. 10

    医師と患者で差「完治」の解釈

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。