記事

日銀、金融政策を据え置き 物価2%達成時期は先送り

[東京 28日 ロイター] - 日銀は28日の金融政策決定会合で、物価が目標とする2%に達する時期を先送りする一方、現行のマイナス金利付き量的・質的金融緩和(マイナス金利付きQQE)の据え置きを決めた。熊本地震の被災地の金融機関に対する総額3000億円の支援オペを導入する。

日銀はこれまで、物価2%目標の達成時期を「2017年度前半ごろ」と見込んでいたが、同日に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で「2017年度中」に先送りした。経済・物価の先行きについても「下振れリスクが大きい」との見解を示した。

一方、金融政策は、マネタリーベースを年間80兆円増加させる市場調節方針を維持。長期国債や上場投資信託(ETF)などの資産買入額、当座預金残高の一部に適用している0.1%のマイナス金利幅もそれぞれ据え置いた。

9人の政策委員のうち、マネタリーベース目標と資産買入方針について木内登英審議委員が反対。マイナス金利には佐藤健裕委員と木内委員が反対票を投じた。

会合では、熊本地震における被災地の金融機関を対象に、復旧・復興に向けた資金需要に対応するため、被災地金融機関支援オペレーションの導入を全員一致で決めた。貸し付け総額は3000億円で、金利はゼロ%。貸付残高の2倍が当座預金残高のゼロ%適用となり、マイナス金利の対象にはならない。

展望リポートでは、物価動向に関して「賃金の上昇を伴いつつ、物価上昇率が緩やかに高まっていくメカニズムは着実に作用している」と指摘。もっとも、これまでの賃金の改善程度は鈍いとし、「労働分配率も低下傾向を続けている点には留意する必要がある」との見解を示している。

先行きの金融政策運営について、2%の物価安定目標の実現に必要な場合は「量・質・金利の3つの次元で追加的な金融緩和措置を講じる」との方針をあらためて示した。

(伊藤純夫 竹本能文)

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  8. 8

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「LGBTで滅びる」削除要請に非難

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。