記事

稲田朋美政務調査会長 記者会見

1/2
平成28年4月21日(木)15:20~
於:党本部記者会見場

冒頭発言

稲田朋美政務調査会長記者会見

本日開催されました政調審議会の概要をご報告いたします。お手元の案件表の通り、提言3件を了承し、2件の報告を受けたところです。私からは以上です。ご質問どうぞ。

質疑応答

画像を見る
フジテレビの和田です。まずは政府だけではなく与党にも、地震対策を最優先課題でお願いしたいと思っております。
その上で、最近マスコミが騒いでいるからというだけで確認させていただくので恐縮なのですが、ご意見程度で結構です。最近またダブルの記事・ニュースなんかが出ているのですが、ご承知の通り、私は政調会長には去年から、憲法改正が争点でなければ、突発的というか政治的な要因でもなければ、リスクを負うだけなので、120%やる理由はないだろうと申し上げていたわけです。
しかし例えば、安保法制は既に国民の支持をだいぶ受けているわけですが、安保法制の廃止で民進党が頑張ってしまうとか、最大の争点になりそうな経済政策で支持を受けるようなパッケージを民進党が出してこられなかったとか、あるいは北朝鮮がいつまで経ってもミサイルを撃ってくるというような状況が続いていきますと、過去の例では、頼れるのは政府与党だけということになって支持率が上がってくる。そういう突発的に支持率が上がったり下がったりということを見て、政治的に総理がエイヤで行くというようなことは過去にもありました。
平時の場合には、盤石な政権基盤があるにも関わらず、なおかつ憲法改正を急ぐわけでもないのに、ダブルはいまだにないと思い続けているのですが、何か現状で、飽くまでも総理の専権事項であるということを踏まえたうえで、政調会長のお見通しがありましたら、お聞かせいただきたいと思います。


画像を見る
いま冒頭、和田さんにもおっしゃっていただいたように、先週の熊本の地震以来、党も政府も連日会議を開き、現地に視察団も派遣をして、とにかく今のこの震災対応に全力を挙げております。その中で、同日選といったことが議論になることは全くありません。さらに言うと、今までもそういったことを訊かれますと衆議院は常在戦場ですということは申し上げておりましたが、総理が解散ということをおっしゃったことは一度もないわけでありまして、いまこれ以上のことを申し上げる立場にはないと思います。


画像を見る
フジテレビの和田です。これもマスコミの話で恐縮ですが、理性的に考えてみておりますと、ダブル「見送り」というニュースや記事がそのもの違うのかなと思い続けています。あったものが無くなるわけではなくて、最初から理性的に考えればこんなものは無い可能性がきわめて高かったのだという認識でずっと来ているのですが。


画像を見る
おっしゃる通り、同日選について議論されていたこともなく、同日選へとか、同日選は見送りという報道が踊っておりますけれども、実際にはそういった状況のいずれもでもなくて、目下地震対応に全力を挙げているということであります。


画像を見る
フジテレビの和田です。事務的な観点で恐縮ですが、政調会長は今月28日に慣例では靖国に行かれていると思いますが、これは例年通りでしょうか。


画像を見る
靖国の問題に関しては、まさしく国民一人ひとりの心の問題でもあり、行くとか行かないとかは申し上げないということでございます。


あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。