記事

謝罪する最高裁、差別の温床は裁判官の心の中に!

昨日4/25(月)、最高裁判所は、長年にわたって
差別的取扱いをしていたことを違法と認め、謝罪しました。

ハンセン病にり患している被告人らに対する裁判を開く場所(法廷)を
通常の裁判所とは違う特別な場所に指定していた取扱いについて、
少なくとも、昭和35年以降は、ハンセン病は確実に治癒する病気となっており、
伝染のおそれも、他の疾患と区別する必要がなかったにも関わらず、
昭和47年まで法廷をハンセン病療養所などに指定していたことは、
ハンセン病患者に対する偏見、差別を助長することにつながり、
ハンセン病患者の人格と尊厳を傷つけることになったとして謝罪したのです。

今回の問題の本質は、本来、人権擁護の柱となるべき立場にありながら、
また、冷静、客観的に判断する資質を有する裁判官においてでさえも、
差別を助長する側に立ってしまったということであり、人間心理において、
いかに差別というものが目に見えない形で浸透していくか、
その過程を象徴的に表しているということです。

この度の最高裁の謝罪は、極めて異例ですが、裁判所における
説明責任の実践の観点で高く評価できるとともに、差別の温床は、
一人一人の心の中に、いわば闇の部分として徐々に蓄積されていき、
やがては、間違った集団心理を生み、ひいては、そのもとで社会全体が
動いていくという実態を改めて気付かせてくれるものだと思います。

現在、私は、党の差別問題に関する特命委員会のメンバーとして、
各種差別問題に取り組んでおりますが、この実態を改めて心に深く刻み、
活かしていきたいと思います。

あわせて読みたい

「ハンセン病」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    アイリス新卒採用を640名に拡大

    Ledge.ai

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  6. 6

    鎌倉時代に略語? 「を」で返事か

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    未だ第1波の教訓も生かせぬ日本

    門田隆将

  8. 8

    米倉涼子 収入3分の1報道一蹴か

    女性自身

  9. 9

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  10. 10

    田嶋陽子氏 結婚制度は崩壊する

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。