記事

「原発報道は公式発表で」〜懲りない籾井会長〜

昨日(4月26日)の総務委員会。私の質問に対し、籾井会長は、熊本地震の対応を協議した局内の会議で原発報道について「公式発表をベースに伝えることを続けてほしい」と指示したことを認めた。さらに、何が「公式発表」かについては、気象庁や原子力規制委員会、九州電力が出しているものをあげた。

 この発言は2つの点で問題がある。ひとつは、①報道は真実を伝えねばならないという点、そしてもう一つは、②会長が個別の番組内容に指示をしてはならないという点、である。

① 放送法は、「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること」(1条2号)を目的に掲げ、この規定を受け「報道は事実をまげないですること」(4条1項3号)と規定している。つまり、報道に「真実」を伝えることを求めているのである。籾井会長は、「原子力規制委員会が安全である、あるいは続けていいということであれば、それをそのまま伝えていくということ。決して、大本営発表みたいなことではない」と答弁されたが、「そのまま伝える」ことは「大本営発表」みたいなことになる。NHKには、「公式発表」が正しいかどうか検証して批判を加えることも求められているのだが、全く理解していない。

② 後者については就任会見の「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」という発言と同じで、番組編集の自由(放送法3条)の観点から大きな問題がある。就任会見ではさらに「最終的には会長が決める。その了解なしに現場で勝手に編集したときは責任を問う。きちんと私の了解を取ってもらう。」と発言し、問題になった。報道に、会長の個人的見解や政府の見解のみが反映されてはならない。籾井会長は就任後2年以上たってもこのことを理解していない。

昨日の総務委員会で、会長は、続投について言葉を濁したつつ否定しなかった。役員人事も、続投への布石だろう。問題発言を繰り返す「懲りない」会長に続投の資格はあるのだろうか。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  7. 7

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。