記事

地震被害がひどい?!大分湯布院に行ってきたけど、ひどかったのは地震より観光キャンセル

1/2
リンク先を見る

熊本地震と連呼されていながら、大きな揺れに見舞われたのが大分。中でも被害がひどかったのが湯布院や別府だと言われており、2016/4/16の地震では震度6弱を記録しているが、熊本に比べて圧倒的に情報量や報道露出が少ないので、実際のところ現地はどうなのかと思い2016年4月26日に湯布院に行ってきたがめちゃくちゃすごい被害になっているのかと思いきや、現時点では地震から月日が過ぎたこともありそこまでひどい状況ではないように見えた。(あくまで私の感触)

ただ、今、大分湯布院を苦しめているのは地震被害より観光キャンセルだ。このため、それほど被害のない宿泊施設までもが観光キャンセルのせいで大打撃を受けていた。

リンク先を見る

リンク先を見る

湯布院の町を巡ってみたが、ところどころに瓦が落ちた家、塀や石垣などが崩れた家などはあるが、全壊している家はそれほど多くはない。報道では建物被害が1100件以上となっており、見た目は平気そうに見えても建物に被害がある家もあるかもしれないが、あちこちの家が半壊、全壊し、避難所に人があふれかえっているといった様子ではなかった。

リンク先を見る

湯布院の旅館「牧場の家」はほとんど地震被害もなく、地震が起きた3日後には営業を再開したという。

リンク先を見る

しかし、「湯布院の被害がひどい」といった情報から宿泊キャンセルが相次いでいる。地震当初なら致し方がないが、稼ぎ時のゴールデンウイークのキャンセルも多く、満室だったが空きが出ている状況だ。

リンク先を見る

旅館「牧場の家」の女将、浦田祥子さんは、「予約をキャンセルしたお客さんの中には『地震後で大変な時に行ったら申し訳ない』 と考える方もいましたがむしろ今、来てくれた方が私たちにとってはうれしいんです」と語る。

リンク先を見る

湯布院の旅館の集客サポートや宿泊ネット販売のサポートなどをしている川嶋雄司さんは、手に取るように各旅館の予約状況がわかる立場にある。地震の片付けが終わって営業再開しているにもかかわらず、相次ぐキャンセルにより多くの旅館が落胆している様子だった。

旅館だけではない。湯布院の観光客が激減した。今まで19年間、湯布院にいるがこんなに閑散とした湯布院ははじめてみたという。

リンク先を見る

湯布院町川北で人気ピザ店「檪(くぬぎ)の丘」を営む山﨑康成さん、「被害にあった部分は直して営業を再開したがこんなにお客さんがいないのは未だかつてない」と話す。

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

この店は湯布院を一望できる絶好のロケーションに立つ人気店で、予約がないとほとんど入れない店らしいのだが、地震後はお客さんが減っているという。

「メディアは被害のあったところだけを切り取って報道するため、実態以上に被害がひどいと思われているせいで、それほど被害のない旅館までもが予約キャンセルによって打撃を受けている。この現状を打破しないと地震というより観光キャンセルによって町が疲弊してしまう」と川嶋さんは考えていた。

しかし観光情報はなかなか誰も発信しない。一つには、地震被害にあった人などがいるので遠慮している雰囲気があること。被災者がいる中、被害があっている家もあるのに「うちは平気ですから観光に来てください!」とは言いにくい雰囲気がある。

もう1つは、旅館などが自らネットで積極的に発信しているところが少ないこと。発信が弱ければ営業再開していることなどは観光客には伝わらず大手メディアの情報しか伝わらない。

「誰も発信しないなんてこのままではまずい」
危機感を覚えた川嶋さんは、湯布院復興を世に広く訴えるため、4/17に湯布院の現状や営業再開情報などを伝えるフェイスブックページ「湯布院ファイト!」を立ち上げ、旅館の営業再開情報を中心に発信をし始めたのだった。

フェイスブックページは4/26時点で4494人の「いいね!」がつき、観光客や地元の人にも湯布院の現状の一端を伝えるサイトとして一翼を担うようになった。

地元の役場職員なども「このページの情報が役立っている」と川嶋さんに声をかける様子も見かけた。

中でも20万以上のリーチを集め3000以上のいいね!を集めたのがJR九州・由布院駅長・宮田さんの、旅館に向けたファックスの文面だった。

JRの運転が再開したことと地震の影響があるにもかかわらず、100人ものお客さんが由布院駅に来てくれたことを知らせるファックスだった。

リンク先を見る

宮田駅長はファックスの意図についてこのように語る。
「地震のせいで観光客が来なくて困っていると旅館のみなさんをはじめ、下を向いているムードの時に少しでも前向きになれる情報をと思い、具体的に何人のお客さんが駅に来てくれていると数字を出すことで、勇気づけられるきっかけになれば、と思い、こうした文面を各旅館にファックスしました」と語る。

このファックス文面が「湯布院ファイト!」のフェイスブックページに取り上げられると、希望の見える知らせとして受け止められ多くのいいねがついたのだ。

リンク先を見る

「通常であれば300人ぐらいの乗客がいるので確かに減ってはいます。でも100人ものお客さんが戻ってきてくれているというのは地元の人を前向きにできるのではないかと」(宮田駅長)

「地震がもう収まったとも断言はできないし、絶対に安全ということも言えない。湯布院に来るかどうかはあくまでお客様自身の判断です。ただお客さんが来ている客観的な数値情報は伝えていきたい」と宮田駅長は話す。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  6. 6

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  7. 7

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  10. 10

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。