記事
  • Sozen
  • 2011年04月03日 11:00

3月のOPEC産油量減少

メディアの調査によると、OPEC加盟国の3月の産油量は前月比1%余りの減少と見込まれます。
サウジアラビアなどによる増産は、リビアの一段の減産分を補いきれていないようですね。

ロイターの調査では、OPEC加盟国による3月の総産油量は前月比日量30万バレル減の同2,913万バレルとなっています。ブルームバーグの調査では、前月比日量36万バレル減の同2,902万バレルとのことです。

昨年11月以降米国の金融緩和に伴う原油相場の上昇に合わせてOPECの産油量は増加傾向でしたが、今年2月に混乱が始まる前は日量160万バレルだったリビアの減産幅拡大が生産量の頭打ちに影響しているようです。

【画像】

2月時点ではリビアの減産幅も今ほど大きくはなく、他の加盟国による増産でOPECの総産油量は前月比3%程度増加でしたが、3月のリビアの産油量はロイター調査が日量32万バレル、ブルームバーグ調査では同39万バレルに落ち込んだと推定されています。

日量1,250万バレルの原油生産能力を持つサウジアラビアの産油量は、2月の同850万バレル余りから同900万バレル程度に増加しているようですが、一方で国内のごたつきによってナイジェリアなどは産油量が減っている模様です。
クウェートやUAEは引き続き増産しようとしているようですが、そろそろ生産能力の限界に近づいていますね。

内戦激化と国連安保理の制裁決議によって、足元のリビア原油出荷はほぼ停止していると思われます。
反体制派がカタールの支援を受けて原油輸出を再開しようとしていますが、主要な石油輸出拠点であるシドラ湾岸中部一帯は政府軍と反体制派の攻防で支配が安定せず、反体制派の輸出は根拠地のある北東部周辺の小規模な港からの出荷に限定されます。従って出荷が可能だとしても、数量は大きくならないのでしょう。

足元のOPECからの供給量低下に対し、米国エネルギー情報局(EIA)によれば、2011年1〜3月の世界の石油需要は日量8,808万バレルで4〜6月は若干減少の同8,770万バレルになるものと見込まれています。
日本の震災や中国の成長減速、欧州の信用不安再燃などが世界の石油需要にどの程度の影響を及ぼすのか不透明ですが、少なくとも需給逼迫が厳しくなる方向ではなさそうです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  9. 9

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

  10. 10

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。