記事
  • Sozen

中東緊張で原油相場堅調

3月22日のNYMEX WTI 原油先物は続伸し、前日比$1.67高の$104.00/bblで引けました。引け後の時間外取引は$104/bbl台後半です。

リビアでは多国籍軍による介入が続く一方、政府軍と反体制派の戦闘も再び激化しているようで、状況は一向に改善されていません。
イエメンやシリアでは民主化運動のデモ隊と治安部隊が衝突し、バーレーンには周辺国の部隊が集結してデモの活動は鎮静化していますが、周辺国も含めて宗教対立のエネルギーが溜まっています。

イエメンはサレハ大統領の退任時期を巡って対立が激化し、トタルは同国からのLNG出荷が止まる可能性について顧客に伝えているようですね。
足元の原油相場には、下げる要素は見当たりません。

とはいえ、中東・アフリカ情勢の緊張に全く新しい展開が生じているわけでもなく、3月初めの高値$106.95/bblを一気に超えて上昇するだけの力も無しということで、原油相場はすっきりしない展開です。NYMEX WTI 先物の取組高も、価格が上昇している割に若干減少傾向となっています。

一方、福島第一原発の危機が次第に落ち着きを見せており、日本経済に対する懸念の後退から石油の復興需要への期待が高まっています。
ただ、復興需要もすぐに現れるわけではなさそうですから、過度の期待は後々の失望に繋がりかねませんね。

マスターカードの調査では、先週の全米のガソリン消費量は前週比1.7%増となりましたが、前年比は1%減と3週連続のマイナスです。
季節的に需要は伸びていますが、価格高騰が災いしているのか、前年比の数字は低調です。
(参考図表)

2011/3/22
NYMEX WTI Apr $104.00/bbl ( +1.67 )
20日移動平均: $99.64 ( +0.46 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $105.09 / -2σ: $94.18
 幅: $10.91 ( -1.48 ) / 100日平均: $10.78
ボラティリティ
 31.47 ( -10.31 ) / 100日平均: 26.63

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。