記事

国営TV総裁の更迭(エジプト)

エジプトは確か言論の自由の問題で、欧米諸国や一部のアラブ・メディアより批判を受けていますが、どうもこのエジプトの言論の自由の問題は国営TVにまで広がっているようです。

確かしばらく前に国営TVの女性アナウンサーが、政権批判をしたとかで降ろされた事件があったかと思いますが、今度は国営TV総裁の更迭です。

23日エジプト首相は、国営TV総裁isam al amir を罷免し、後任にsafa al higazi を当てると発表しました。

これを伝えるal arabia net (最近エジプトが接近しているサウディ系のメディア)は、最近国営TVの番組が政権との間で悶着を起こし議論の的になっているものが多いとコメントしています。

その一つは数日前に報道された「最後までの革命家」とでも題する番組で、シナイ半島解放の記念日に、25日デモをするように呼びかけ、国家に対する扇動をしたというものです。

もう一つは、数週間前にエジプトはムバラク時代から何ら変わっていないとして、シーシを攻撃した番組とのことです。

http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2016/04/24/بعد-بث-برامج-تحريضية-إقالة-رئيس-التلفزيون-المصري-.html

日本でも公共放送が政府の政策を批判したとか偏向しているとかの批判は聞きますが、エジプトの場合、そもそも政権の宣伝機関である政府TVがこのような状況にあるとしたら、むしろエジプトのマスコミ人の間に、根深い政府に対する不満と批判が広がって居るということでしょうか?

一部の報道から、全体を推測することは避けるべきですが、国営TV総裁の更迭というのは、矢張り相当の事件だと思います。

あわせて読みたい

「エジプト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。