記事

シリア情勢(和平協議等)

シリアの和平協議に関しては、実質的協議をする前から、反政府が政府軍側が停戦違反を続け、包囲された町に対する人道援助の輸送も行われていないとして、協議の凍結を宣言し、殆どの代表団がジュネーブから一時?離れました。

この協議凍結に関して、反政府派の交渉調整官(元アサド政権の首相)hajabは23日、独首相がトルコ内のシリア難民を訪問した際、これに同行し、記者団に対して、反政府派としてはシリア人が相変わらず殺されている状況で、何事もなかったように和平協議を続けることはできないとして、正当化し、国連特使ディ・ミストラーが職に就いた2年間で、殺されるものの数はさらに増大し、包囲された町の数はさらに増えたとして、国連の特別代表を攻撃した由。

これに対して、ディ・ミストラー代表が、協議は来週にも再開されると楽観的な見通しを述べたことは先に報告しましたが、彼は23日シリアの停戦は崩壊の危機に直面していると危機感を示し、関係諸国のシリア問題に関するワーキンググループが至急、大臣レベルで協議することを求めたとのことです。
その際彼は、協議は来週水曜までは続くと語ったとのことで、これまでの「来週には再開」するとの説明と矛盾していますが、現在も建前としては協議は続いているが、来週27日で打ち切りになると警告したものかもしれません。

他方、アレッポのファタハ合同作戦司令部(確か各種反政府軍の合同だったと思う)は、23日国際社会に24時間の間に、政府軍の停戦違反と殺戮を停止させなければ、停戦は崩壊すると警告した由。
http://www.alquds.co.uk/?p=521098
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2016/04/22/دي-ميستورا-هدنة-سوريا-في-خطر-شديد.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2016/4/23/عشرات-القتلى-والجرحى-بقصف-للنظام-بدوما-وحلب
シリアでは、各地でかなりの停戦違反(攻撃、衝突、空爆)はあるも、停戦前に比べたら、規模はかなり低い模様です。注目することがあれば別途書きます。
それはともかく、反政府派がどうして協議を凍結させたか、本当のところは良く解りません(何しろ、各種グループが入り乱れて戦っていて、特に停戦の対象外とされているヌスラ戦線がほかのイスラム勢力と共闘している現状では、全体としては停戦が守られていても、局地的にかなりの「停戦違反」がることは、はじめから織り込み済みではなかったかと思われる)。
もしかしたら、停戦、協議の再開という手順の中で、ディ・ミストラーまたは米国等が、約束していたことが守られていない、ということかもしれません。
それはともかく、この反政府派の凍結は、もしかすると戦術的、または戦略の大きな誤りだった可能性があるような気がします。
政府軍側では、ロシアもイランもアサドに対する軍事的支援を続ける姿勢を全く変えていない(事実ロシア機も「テロリスト」に対する攻撃を続けrている)反面、オバマはサウディ国王などとの会談での口先でのアサド退陣に関する強い調子とは裏腹に、それを担保する意思も能力もないように思われます。
最近ではイスラエルでさえ、長年の敵であるロシアに擦り寄っています。
このような状況での、反政府派の強硬姿勢は、むしろ国際的な孤立を深め、政府及び政府軍、イラン、ヒズボッラー等を利するだけではないかという気もします。アサド政府は、トルコやサウディ等の反政府軍援助を非難していますが、武器供与(しかも地対空ミサイルなどは供与していない模様)だけで、直接の介入なしで、これらの国がシリア内戦に実質的影響を及ぼすことは無理でしょう。
取り敢えずは勿論ジュネーブ協議の動向を見守るしかないと思いますが・・・・

あわせて読みたい

「シリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  3. 3

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  4. 4

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  6. 6

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  7. 7

    菅長官の高級ホテル開発案は愚策

    木曽崇

  8. 8

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  9. 9

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    あたらしい党から3人目の離党者

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。