記事

バロンズ機関投資家意識調査では米国株への強気が減った 素材、エネルギーには強気 ハイテクには弱気 日本株人気は剥落

米国の投資週刊紙『バロンズ』は1年に2回、機関投資家に対して「Big Money Poll」と銘打ったアンケート調査を行っています。これはもう何年も続いている慣習で、米国の機関投資家や個人投資家もこのアンケート調査の結果を参考にしています。

なおこの手のアンケート調査は、普通、「逆指標」と解釈されることが多いのですが、この調査の場合、調査票が送られる先は選り抜かれたプロばかりなので「逆指標」と捉えない方が良いです。むしろその後の相場展開は、この調査で示された傾向を、そのまま反映する結果になっているケースが多かったです。

今回の調査で目立ったのは、米国株に対する強気意見が過去5年で最低になったという点です。

リンク先を見る

次にセクターとしては素材、エネルギーに対する強気意見が、過去5年で最高になりました。逆に金融、ハイテクは過去5年で最も強気が少なかったです。

リンク先を見る

不動産に対する強気観も減っています。日本株への人気の剥落が目立ちます。ゴールドに対する人気は復活しています。

リンク先を見る

米国のGDP成長率に関しては+1.5~3%に回答が集中しています。

リンク先を見る

リンク先を見る
米国会社四季報2016年春夏号[雑誌] [雑誌]

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。