記事

バロンズ機関投資家意識調査では米国株への強気が減った 素材、エネルギーには強気 ハイテクには弱気 日本株人気は剥落

米国の投資週刊紙『バロンズ』は1年に2回、機関投資家に対して「Big Money Poll」と銘打ったアンケート調査を行っています。これはもう何年も続いている慣習で、米国の機関投資家や個人投資家もこのアンケート調査の結果を参考にしています。

なおこの手のアンケート調査は、普通、「逆指標」と解釈されることが多いのですが、この調査の場合、調査票が送られる先は選り抜かれたプロばかりなので「逆指標」と捉えない方が良いです。むしろその後の相場展開は、この調査で示された傾向を、そのまま反映する結果になっているケースが多かったです。

今回の調査で目立ったのは、米国株に対する強気意見が過去5年で最低になったという点です。

リンク先を見る

次にセクターとしては素材、エネルギーに対する強気意見が、過去5年で最高になりました。逆に金融、ハイテクは過去5年で最も強気が少なかったです。

リンク先を見る

不動産に対する強気観も減っています。日本株への人気の剥落が目立ちます。ゴールドに対する人気は復活しています。

リンク先を見る

米国のGDP成長率に関しては+1.5~3%に回答が集中しています。

リンク先を見る

リンク先を見る
米国会社四季報2016年春夏号[雑誌] [雑誌]

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。