記事

SoundCloudとSony/ATVがヨーロッパの音楽著作権で合意、定額制サービスの拡大目指す

画像を見る

ベルリンのスタートアップで音楽共有サービス「SoundCloud」は、音楽出版社最大手のSony/ATVとヨーロッパ圏内でのライセンス契約で合意しました。Sony/ATVはビートルズやローリングストーンズ、テイラー・スウィフトやエミネム、アデルなどの作品著作権を管理しています。

SoundCloudは3月に、長年噂されていた月額9.99ドルの定額制サービス「SoundCloud Go」を米国で開始しました。Sony/ATVとの”マルチテリトリー契約”を結んだことによって、SoundCloudは定額サービスを年内にヨーロッパで始める準備を進めます。

関連記事:SoundCloudの有料オプションが登場。「SoundCloud Go」は月額9.99ドルで再生可能なカタログは1億2500万曲!

Sony/ATVと同社が著作権を管理するソングライターは、今後SoundCloudで楽曲が利用されることで収益を上げることが可能になります。一方でSoundCloudはユーザーに対して、Sony/ATVが管理する楽曲を提供していきます。Sony/ATVが管理する楽曲カタログは約400万曲に上ります。

SoundCloudは月間アクティブユーザー数が1億7500万人を超えるが、これまで具体的なマネタイゼーションの仕組みを導入できずにいたため、音楽産業特にメジャーレーベルからは、楽曲のライセンスを巡って非難が集中していました。エディットした楽曲やミックスを無料でアップロードできる手軽さと、固定のファンへのリーチがDJやトラックメイカーから多くの支持を集めてきた理由でしたが、これまでSoundCloudがライセンス許諾を得ていない曲のみで運営されていた現状を問題視する業界の声に対応するための戦略が、新しい有料配信サービスになったのです。

音楽サービスの有料化では、アップルがApple Musicを始めたことを皮切りに、グーグルはYouTubeの定額版「YouTube Red」を本格的に開始。Spotifyは現在も有料と無料サービスを組み合わせた「フリーミアム」モデルでサービスを伸ばしています。SoundCloudも

ソース
SoundCloud and Sony/ATV sign licensing deal for Europe(FT.com)

あわせて読みたい

「SoundCloud」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  8. 8

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  9. 9

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  10. 10

    祭りちゃう…宮川大輔への裏切り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。