記事

報道の自由度、韓国が日本より上というのはない

報道の自由度ランキングで、日本が72位ということは、報道で知っていたが、今朝の朝のワイドショーで、初めて韓国が70位ということを知った。

それはない!
「反日」しか許されない韓国、「親日」的な言動や歴史観を表明すると、罪人扱いされる韓国が、日本より報道の自由度が高いという分析は、まったく間違っている。

そんなランキングでは、信ぴょう性が疑われる。
したがって、このランキングを100%信じるわけにはいかない。
やはり「攘夷」の視点は必要なのだ。
外国人の分析は、まんま信じることはできない。

だが、それでも、わしは日本の報道の自由度は下がっていると思っている。
国防において、国家機密があるということは容認せざるを得ないかもしれないが、それをジャーナリズムが暴くということはあってもいい。
「特定秘密保護法」はそのへんの許容度が怪しいし、国民を「何が秘密かわからない」という状態に置く危険性を、わしは大いに危惧する。
「つんぼ桟敷」のままでは、国民は権力にどこに導かれるのか、わからない。
わしは全権委任するほどには、権力を信じていないのである。

この「つんぼ桟敷」という言葉も「差別語」とされ、報道では許されないのだから、自由度が下がっているのは当たり前だ。
言葉狩りという検閲がどんどん進んでいくのは、まさにマスコミによる言論の委縮である。
ことほどさように、マスコミ組織人は同調圧力に弱い。
そんな弱いマスコミ組織人が、権力からの恫喝に抵抗できるわけがないというのが、わしの認識だ。

マスコミ組織人は、リベラル大衆が下から突き上げる抗議やバッシングにも弱いし、権力が上から圧を加える恫喝にも弱い。
「報道ステージョン」が局アナという組織人をキャスターにして、後藤謙次という安倍晋三と会食する御用評論家をコメンテーターに使いだした時点で、わしは「屈したな」と見ている。

日本の報道の自由度は低下している。
いつかこのことが日本にとって大きな災いにならないことを祈るばかりだ。

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  2. 2

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。