記事

大地震と原発と憲法と… - 鈴木耕

1/3

 当初は「熊本地震」と名付けられた巨大災害だが、もう熊本だけではおさまらなくなった。4月14日の本震と思われていた地震が実は前震であり、本震は16日未明に襲ってきた。

 凄まじい連続破壊。その広がりは、まだとても予測できない。しかも、これで収束へ向かうのかどうかも分からない。天下の名城と謳われた熊本城すら崩れかけている。

 テレビ映像を見ながら、ぼくは思い出す。

 1995年1月17日火曜日、阪神淡路大震災。

 あのとき、ぼくはある週刊誌の編集長を務めていた。前日の酒の入った打ち合わせがたたって、9時ごろまで寝ていたのだが「あなた、大変よ」というカミさんに起こされた。テレビ映像で見たのは、横ざまに崩れ落ちた高速道路の橋桁だった。ぼくは「うおっ!」と唸って、あとは絶句してしまったのを憶えている。

 すぐに出かけた編集部は、てんやわんやだった。普段は昼過ぎにならないとスタッフも集まらず閑散としている編集部が、いつにない活気(?)でざわめいていた。

 それからの数日は、ほとんどわけが分からなかった。ぼく自身、雑誌経験は長かったが、こんな大災害に遭遇したのは初めてだったのだ。京都に取材に出かけていて連絡がとれない部員がいるとか、さっそく被災地へ取材に出かけたのはいいが名古屋で立ち往生、などという連絡が入って来る。スタッフが、やっと大阪に入ることができたのは翌日。だが、そこから動きがとれない…という電話が入る。

 別班のチームは、まず四国へ飛行機で入って、そこから何とか神戸入りを目指す。とにかく、編集部から何人が被災地に向かっているかも分からなくなるほどの大混乱。大阪や神戸在住のフリージャーナリストやカメラマンに何とか連絡を取ってレポートを頼む…。

 何しろ20年以上も前のこと、携帯電話もまだ普及せず(総務部に数台のデカイ携帯電話がやっと入ったばかりだったという記憶がある。そんな時代だったのだ)、現在のようなネット連絡もままならない。いったいどうやって記事を作ったのか、いま考えれば不思議な気がする。テレビ映像と公衆電話からのスタッフの連絡が主だった。ぼくはそれから数日、ほとんど編集部に張り付きっぱなしだった。

 多分いま、ぼくの古巣の編集部は、あのときとそう変わらない喧騒の中にあるだろう。

 ただ、今回の「熊本・大分大地震」が「阪神淡路大震災」の報道と決定的に違う点がふたつある。「原発」と「憲法」である。

「原発」をめぐる問題

 ぼくはそれ以前に、何度も雑誌で「原発特集」を組んだ。しかし、阪神淡路大震災の時には、原発はまったく頭に浮かばなかった。特集記事で多少は原発に関心を持っていたとはいえ、ぼく自身もやはり「安全神話」に洗脳されていたのだろう。多分、あの週刊誌の阪神淡路大震災の記事の中で、原発に言及しているものは皆無だと思う。また、読者からも「原発はどうした?」という声はまったく届かなかった。

 だが今回は違う。現在の日本で稼働中なのは、鹿児島県の川内原発だけだ。しかも、この2基は今回の地震の震源となった活断層の南西側の延長線上にある。さっそく、川内原発を一旦停止して点検をすべきだ、という声が挙がったのは当然のことだろう。

 しかも、川内原発に関しては、その再稼働への道筋にもかなりの疑問が持たれ批判を浴びていたのだからなおさらだ。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  4. 4

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  5. 5

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  7. 7

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  8. 8

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    ヤフーLINE統合 Pay事業続けるか

    AbemaTIMES

  10. 10

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。