記事

戸別訪問の解禁が政治変革に繋がる

熊本県を中心とする九州地域の大地震の連発が心底から気になります。中学、高校同期の親しい二人の友人や知人の安否を電話で訊くなど心重い日々です。

21年前の阪神淡路の大震災以来、新潟、中越、東北、そして今回とほぼ5年おきに大きな地震が日本の各地を襲ってきています。かつて党理論誌『公明』誌上で安田喜憲東北大名誉教授と私が対談した際に、彼が「巨大災害の時代の到来」と言われていたことをリアルな実感を以て思い出します。そんな折、公明党議長の太田昭宏前国土交通大臣が明石にセミナーに来るとあって、参加してきました

▼彼は京都大学で土木工学を専攻し、地震問題にも造詣が深いことで知られています。私とは同い年。しかも同じ職場で数年間同じ釜の飯を食った仲間です。落選も当選も一緒でしたが、こちらは引退しても彼は益々頑張っています。嬉しい限りです。兵庫県の井戸敏三知事も昭和20年生まれで親しい友人ですが、共に現役でやってくれてるうちはこっちも張り合いがあるというものです。

太田さんは相変わらず元気いっぱいの勢い漲る講演ぶりでした。惚れ惚れする演説ぶりは益々磨きがかかっていました。私が聞いた政治家の演説の中では間違いなくぴか一です。会場に参加された皆さんは恐らく勇躍歓喜して現場に散ったに違いありません

▼7月の参議院選挙にむけてこれから選挙ムードは一段と高まってきます。一方、アメリカでは大統領選挙の民主、共和両党の候補者選びの予備選挙が本格化しています。先日、その選挙戦に日本人として参加している明治大学の海野素央教授のインタビュー記事を新聞で読みました。彼は8年前から同様の行為をしており、前回も同様の記事を面白く読んだものです。一軒一軒戸別訪問して自分の支持する候補者の政策や人となりを宣伝するのです。「選挙は自分の考えを他者と交わし、理解しようする機会」だと、民主主義本来の姿ぶりを高く評価しています。

▼日本とのあまりにも大きな差を感じ、羨ましく思いました。ご承知のように、日本の場合は個々の住宅を特別の候補への投票依頼をするべく、選挙運動として頼みに回る戸別訪問が禁止されています。日常的な政治活動は自由なのですから、日ごろからどんどん家庭訪問をして選挙依頼やら政策談義をやればいいのですが、常にプレッシャーがあるようです。選挙制度の最大の課題はもっとオープンな選挙戦をすることに尽きると思います。「買収に繋がる」とか、「有権者の平穏を乱す」からやるべきではないというのが”日本の常識”です。このあたりを変革することから、日本の政治が大きく変わることに繋がると私は確信しています。(2016・4・19)

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  5. 5

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。