記事

伊藤忠が初の「業界首位」へ、商社大手の未来は

野村證券 エグゼクティブディレクター 成田康浩

2016年3月期の最終決算で、三井物産、三菱商事といった商社大手が相次いで初の最終赤字へ転落した。その主たる要因は資源価格の暴落だ。

資源ビジネスはピーク時の12年、三菱商事、住友商事、三井物産、丸紅、伊藤忠商事の大手5社で連結純利益1兆円を超えていた。それが、15年度は赤字となる見込み。三菱、三井が参画したチリの銅鉱山開発は高値掴みで失敗した投資の典型で、2社合計で3700億円の減損を迫られた。

そんな状況で商社大手は資源部門の業績悪化を食料品や化学品、機械といった非資源部門の利益を伸ばすことで補てんしてきた。しかし、中国の景気悪化や、タイなど新興国での需要減の影響を受け、非資源部門の利益も鈍化してきている。

そんな中、伊藤忠は16年3月期で過去最高益を記録し、初めて業界首位に立つ見通しだ。これは、得意とするマーケットの違いが大きい。まず「非資源ナンバーワン商社」を掲げ、資源部門への依存度が相対的に低く、資源価格下落の影響が限定的だった。加えて、現在の世界景気は新興国が総じて悪く、米国、ついで日本が好調だが、伊藤忠は新興国より米国や国内での利益が大きい。経営戦略というより、大きな減損を出さなかったという、消極的理由による独り勝ちとも言える。

商社復活のための打てる手立ては、まずは我慢だ。現在の資源安はいつまでも続くわけではなく、既にシェールガスなどの供給はかなり落ちている。現在1バレル30ドル台後半で推移している原油価格だが、今年後半には持ち直す可能性もあろうが、現時点では、市況回復を待つ以外にはない。

その後はそれぞれ知見や専門性のある分野に投資を絞ること。強みを活かした投資という原点に戻ることが業績回復の何よりの近道だろう。

あわせて読みたい

「伊藤忠商事」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。