記事

ショーンKは「キャスター失格」か? - 茂木 健一郎

茂木 健一郎

映画監督の森達也さんの『FAKE』の試写を見た。凄い作品だった。

佐村河内守さんに密着したドキュメンタリー。最後の12分間の「結末」は言えないことになっているので、ここには書けないが、公開されれば、大変な話題を呼ぶことは間違いないと思う。

「現代のベートーベン」とまで言われた佐村河内さんについて、様々な「事実」が明らかになって、スキャンダルになってしまったことは、記憶に新しい。この映画は、あの一連の出来事について、どのような光を当てているのか。ぜひ、作品を見ていただきたいと思う。

『FAKE』を見て改めて考えさせられたのが、人間の能力の多様性ということである。

例えば、作曲という行為がある。普通、作曲には、譜面を読んだり、書いたりする能力が必要だと思われている。もちろん、できるに越したことはないだろう。

また、ピアノなどの、楽器が弾けることも、作曲には不可欠だと考えられている。これも、確かに、できるに越したことはないだろう。また、絶対音感も、ないよりはあったほうがいいに違いない。

しかし、これらの能力は必須ではない。喜劇王チャーリー・チャップリンは、メロディを口ずさんだり弾いたりして、あとは専門家が譜面に起こしたりアレンジすることで「作曲」した。『街の灯』や、『ライムライト』などの音楽は、そのようにして作られている。

モーツァルトやベートーベンのように、音楽に関するさまざまな能力をすべて持っていた人もいる。一方で、持っていなくても、作曲などで活躍することは可能だ。

私たちは、つい、減点主義で人間に向き合いがちだ。しかし、人間の能力は実に多様で、ある能力が足りないからと言って、別の能力までないと決めつけるわけにはいかない。それでは、もったいない。

例えば、先日重力波の予言が検証されて改めて話題を呼んだアインシュタインは、イメージで思考する能力には長けていたが、数学の能力は実はそれほどでもなかった。実際、アインシュタイン自身が、数学の能力欠如について嘆く発言が残っている。

アインシュタインは、数学の天才ではなかったが、別の種類の天才だった。そして、偉業を成し遂げた。そのようなことは、人間においては、しばしば見られる。

テレビの報道番組のキャスターに内定していながら、学歴について事実ではない情報を提示していたとして謝罪、辞退に追い込まれたショーンKさんには、「欠落」があった。しかし、そのことは、ショーンKさんに、全く能力がなかったということを意味するのではない。

佐村河内さんや、ショーンKさんのようなことがあると、メディアは、どうしても、その「欠落」に焦点を当てがちである。それは、社会的な公正という視点から見てある程度は必要なことだとは思うが、やりすぎると、人間の可能性を狭めてしまう。

何かができない、欠けているからといって、別の何かができないというわけではない。むしろ、脳の有限な資源を別のことに使って、能力が潜在しているケースが多い。

欠落はゼロではない。

この一般命題を、読者の方は、ぜひご自身に当てはめていただきたい。ダメだと決めつけるのではなく、できることに焦点を当てることで、創造的に生きる道が開ける。

『幸せとは、気づくことである』(プレジデント社)
リンク先を見る

[著] 茂木 健一郎  

脳は「サプライズ」を栄養として成長する。複雑で豊かな現代を生きる、こんなにおもしろいことがあるだろうか――『プレジデント』連載「世界一の発想法」がついに書籍化。ワクワク生きるための茂木流・思考法を大公開!

リンク先を見る

あわせて読みたい

「ショーンK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  8. 8

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。