記事

破局を覚悟するしかない頻度

東日本大震災からの復興も進まぬ中、今度は熊本大震災の復興に力を注がねばならない。 

あの中央構造線の左下に伸びた線上に「川内原発」があり、右上に伸びた線上に四国の「伊方原発」がある。
当然、南海トラフ大地震もいつ起こってもおかしくないし、その時は大津波もやってくる。中央構造線と南海トラフに挟まれた地帯は危険度が恐ろしく高い。 

地震や津波の被害だけでも、復興するには巨額の費用と年月が必要なのだが、これで原発事故を併発したら、放射能汚染された地域は、復興そのものが不可能になって、東北に続きまたしても国土の一部を失ってしまうことになる。
一部とはいえ、地元民から見れば「故郷」を失い、国民から見れば「国土」を失うのだから、これほど悔しいことはない。  

わしが生きてきた、たった60年間のうちに、まさか東日本であれほどの大地震や巨大津波が起きるとは思わなかったし、原発開始以来、たった40数年でメルトダウンが起こるとは思わなかった。
その上、東日本大震災からたった5年で、震度6以上が何度も起こるほどの大地震が熊本で起こるとも思わなかった。 

南海トラフ大地震も、関東大震災も、わしが生きてるうちに起こるのだろう。破局級の大災害に遭遇する確率が異様に高い。
交通事故に会う危険度よりも、地震に会う危険度の方が高いのではないか? 

いや、わしが生きるあと20年程度のうちに、南海トラフ、関東大震災、その二つで済むとは思えない。
阿蘇山大噴火で九州全滅と、富士山大噴火で関東壊滅も加わるかもしれない。
さらに原発事故で日本列島のあちこちが虫食いのように人の立ち入りを禁ずる国土喪失区域になる確率も高い。

この国で生きていくためには、仏教的なニヒリズムは必要なのかもしれないな。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  5. 5

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  6. 6

    反日の嘘暴く韓国書籍が日本上陸

    高英起

  7. 7

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  8. 8

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。