記事

熊本地震で企業と個人の支援行為偽善叩きの違いについて考えたこと

熊本県を中心に発生した大地震で被災された方にお見舞い申し上げます。

平素は言葉の過ぎるブログですので、私なりの自粛モードで書くつもりですが、今回も自然災害時の募金や支援への偽善批判について思わされたことがあるので書いてみます。
東日本大震災の時もありましたが、有名人や実業家が寄付したと表明なりリークされると、金持ちなのに少ないとか売名行為だ偽善者だと叩かれるケースがあります。

一言で終わらせると、「偽善や売名だとしたら何なのか?」となるのですが。
被災地に送られる100万円は100万円で、1億円は1億円だし、もっとストレートに言えば金額より気持ちの方が無力だと・・。

俺は黙って千円寄付した善人なのに、1億円寄付して公表するお前ら大金持ちは売名行為だケシカランと叩きたくなる気持ちは健全なのでしょうか?
こういう勘違いした正義(と思ってるのかな?)は他人に(自分と同じと思ってるのかな?)高貴過ぎる精神を要求し、結果偽善と名付けた行為が全滅すれば困るのが被災地だということがわからない。
結局、全財産でも投げ打って寄付しない限り偽善者と糾弾するのではあまりにも幼稚に思えます。

個人だから色々言いたくなるのでしょうが、法人に置き換えて考えてみれば如何に馬鹿げたことを糾弾しているかがわかると思います。
今回もコンビニや小売り等の企業は食料等の支援物資を被災地に無償提供し、且つその事実を公表していますが、これに対して偽善や売名という糾弾は少ないと思います。
何故なら、企業に偽善や売名という意図が一切ないと思っている人はいないだろうし、それを世間が受け入れているからではないでしょうか?

企業に感情はなく利益を追求する存在であり、無償で物資を提供するのは利益を減らす行為に過ぎず株主への背信行為です。
でも、株主はそれにノーを突き付けないし、寧ろ支援しないことにノーを突き付けるでしょう。
何故なら、それが株主の被災地への気持ちだからではなく(そうであれば個人で行えばいいだけ)、企業の「売名」と「偽善」(?)によるイメージアップを通じで将来の企業利益が増えて自分の懐が潤うと考えるからです。

これは良い悪いではなく資本主義のドライな仕組みです。
結果としては、マイナスイメージを避ける為に企業間で支援合戦が行われるので、特別に特定の企業利益が増えることはなく、見方を変えれば企業は株主の金(利益)を原資にして被災地に無償支援をしていることになります。

中には株主でもないのに企業は売名や偽善で支援してケシカランと怒る高貴な精神の持ち主もごく一部いるでしょう。
でも、イオンやセブン&アイが匿名で無償支援すれば(事実上不可能ですが)企業に慈善活動ではなく増益と配当を求めている株主が怒ります。
当たり前のことです。売名する企業を偽善と叩く何ら利害関係のない世間こそが偽善者なのです。

また、企業は必ずしも善の存在ではなく結果として悪も社会に撒いてしまいます。
従って、自動車販売台数世界一の日本企業は地球温暖化に多大な悪の貢献をしていることになりますが、一方では世界で植林ボランティアをしています。

そうですね、偽善でしょうね。罪ほろぼしですね。
地球にまき散らした排気ガスを浄化するにはどれだけやっても足りないでしょうね。
同時に無理がある「地球にやさしい」企業イメージアップ作戦の売名ですね。
でも、やらないよりいいし、偽善行為それ自体は素晴らしい行いで結構なことですね。

善も悪も行い両方を抱えているのが1企業で、多くの人はそれを理解します。
でも、この考えを法人のみならず個人に適用すると途端に賛同しない人が急増します。
売名でも偽善でも個人の寄付や支援が行われればいいし、拍手することではないですか?

有名人や実業家が寄付をして、その事実を公表する時にそういう気持ちが全くないと言えばイチャモン付けたくなりますね。
だからと言って、偽善が含まれているからと言って、善意が否定される訳ではないのです。
それを必死で叩く人はあまりにも未熟な子供で、自分の偽悪なり不作為を必死で正当化しようとしているようで哀れです。

法人と同じように99%の個人は善も悪も行い両方抱えているし、売名や偽善を許す、むしろ奨励することが回り回って被災地が支援されることは理解した上でモノを言いたいですね。
偽善を声高に糾弾していいのは、その行いが他人(の一部)に悪をもたらすか自己の利益だけを100%追求しているのに詭弁を弄している場合です。

実業家が100億円寄付して叩かれる社会はどこかおかしい。
個人や経営企業の売名という気持ちがあったとしても尊敬してやれとは言わないが拍手は送りたいですね。
偽善と声高に叩く人が一番、世の中から「偽善」すら糾弾して消え去った後に一体何が残るのかは、自分の胸に聞けばわかると思うのだが・・。

わからないのは自分が善100%(と勘違いしているの)か悪100%だからで、故に異質な「偽善」にアレルギー反応を示すのだろうか?
個人も心を持たない法人を見習うべきなのかも知れませんね。
資本主義の中で利潤を追求する性善説も何もない存在が結果として、心ある個人より大きな力で無償支援して社会貢献しているのですから。
善とか悪とか、そういう次元じゃなくて、そういう枠じゃなくて、気持ちの問題じゃなくて、結果何が為されるのかと・・。
良い結果を招くならその手段に貼られたレッテルが「偽善」でも「売名」でも何でもいいと考える力が物資と共に不足しているのかなと・・。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  2. 2

    韓国 金利デリバティブを調査へ

    ロイター

  3. 3

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    N国・立花孝志氏が崎陽軒に謝罪

    SmartFLASH

  6. 6

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

  7. 7

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  8. 8

    輸出規制強化で奮い立つ韓国企業

    ヒロ

  9. 9

    あおり殴打めぐり拡散されたデマ

    かさこ

  10. 10

    韓国紙の歪曲した歴史解釈に呆れ

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。