記事

川内原発の停止で九州電力の企業価値は本当にあがるのか?

川内原発を止めれば、九州電力の企業価値が上がるので、予防的に止めるべきだという話がでている。

これは本当だろうか。原理原則に立ち戻り、単純な議論をしてみたいとおもう。

企業価値というのは、株式の時価総額のことである[※1]。

株式の価値というのは、一般に、将来のキャッシュフローの合計を現在価値に割り引いたものだといえる。

企業価値が上がるというのは、2つのケースが考えられる

・将来キャッシュフローが増える

・割引率(ディスカウントレート)がさがる

この2つのどちらかであると考えられる。

川内原発の停止はどちらに影響するだろうか。

キャッシュフロー的には明らかなマイナスだ。原発を止めても維持にかかるコストは変わらず、火力などの発電費用が増えるだけだからだ。よって、キャッシュフローの観点からいったら間違いなくマイナスだ。

一方、ディスカウントレートはどうだろうか。確かに不測の事態が減り、賠償リスクなども低減するので、キャッシュフローの確実性は増すだろう。つまり、ディスカウントレートが下がる。この点では、企業価値を押し上げる。(この手の不確実性リスクはディスカウントレートに反映されるのが一般的である[※2])

結局、

・原発停止によるキャッシュ・フロー減を、

・不測事態が減ることによる、ディスカウントレートの向上

が上回れば、企業価値は上がる。

以上がロジックである。

なお、実際の株価を見ると、市場はキャッシュフローのほうを重視していると考えられる。

[※1] 99.9999%の人はこれに合意するだろうが、企業価値というのを別の形而上学的な価値をあらわす言葉として捉えているひともいるかもしれない。

[※2] もしくは、賠償額を将来のキャッシュフローから、あらかじめ差し引いて計算しておく方法もある)

 

あわせて読みたい

「川内原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  5. 5

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  6. 6

    反日の嘘暴く韓国書籍が日本上陸

    高英起

  7. 7

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  8. 8

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。