記事

サウディ皇太子の指名

28日付のal jzeerah net はサウディ王宮庁が、アブダッラー国王は死亡したスルタン皇太子の後任として、内相兼第2副首相であったナーイフを皇太子に指名したと報じています。記事によると、これは公式の喪の開ける日に発表されたもので、国王が近く正式に任命するとのことです。

記事によればナーイフ殿下は1933年生まれで(従って誕生日にもよるが78歳になるはず)、1975年以来内相をやってきて、2009年に第2副首相に任命され、病身の国王や皇太子に代わって閣議を主宰することも多かった由。

http://www.aljazeera.net/NR/exeres/39991949-187A-4D1C-A683-70999B34B43C.htm?GoogleStatID=1

従って、極めて順当な人事と言うべく、中東情勢が流動的な時にはこのスムースな任命は極めて好ましいことと思われます。

なお、ナーイフはスデイリ7として知られる、スデイリ家出身の同じ母親から生まれた有力王族の一人(他には無くなったスルタン前皇太子、ファハド前国王、サルマン・リヤド州知事等がいる)ですが、何しろ内相を75年以来やってきた治安維持の専門家で、確かアルカイダからも狙われたことがあったと思います。

前にも書いた通り、世評では保守派とされており、その点が国王との関係やサウディの近代化との関係で、今後の問題かと思われます。

まっ糖尿病をもっているとも言われ、健康上も万全ではない可能性もあるでしょう。但し、現国王も昔は保守派とされてきましたが、現在では男女共学の科学技術大学の創設とか、改革派とみなされており、ナーイフについても今後要注意と思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。