記事

災害対応なら、やっぱり自民党と自衛隊?

やっぱり自民党、やっぱり自衛隊。
任せて安心、自民党、任せて安心、自衛隊、ということになるのだろうか。

自民党のすべてをよしとするわけでは毛頭ないが、こういう自然災害が発生した時の自民党の対応は実に的確である。

経験に学んでいる、ということが根底にあるのだろうが、自民党政府が舵取りをしていると霞が関の官僚も地方自治体もそれなりにきびきびと動くようになるから、見ていて安心である。
急ぐべきこととそうでもないことの区別が付いているようで、とにかく大きな破綻がない。

こんな時に悠長にTPP特別委員会の審議はやれないだろう、と思っていたら、やはり与野党協議の上特別委員会の審議を打ち切った。
緩急自在だな、と思わざるを得ない。

阪神淡路大震災の教訓を存分に活かしているのが、自民党である。

衆議院北海道5区の補欠選挙ではどうも自民党の公認候補が劣勢のようだが、熊本地震の対応次第でどう情勢が変わるかも知れない。
災害の時には、やっぱり自民党、やっぱり自衛隊、ということになるかも知れない。

ちなみに、民主党の菅内閣の時代に東日本大震災が発生したが、1000年に一度と言われる超巨大津波と原発爆発被害という二つの災害に見舞われたため、止むを得なかったという面もないではないが、菅内閣の対応はとても国民の期待に応えるようなレベルのものではなかった。

私の先読みシリーズの中で、「災厄の時代、菅内閣」という一巻を贈呈したくらいだから、民主党が民主党のままなら、絶対に民主党には政権を委ねてはいけませんね、と宣言するところだ。
あの時に自民党からも人を招いて超党派で対処すれば、それなりに国民の期待に応えることが出来るような危機対応になったのではないかと思っているが、どうも私の記憶の中では菅内閣の対応は拙劣極まりなかったような印象である。

今は民進党になって、かつて自民党の国会議員だった私の同僚や後輩なども所属するようになっているから民進党にもそれなりに頑張ってもらわないと困るな、と思っているが、災害対応ということになるとやっぱり自民党かな、ということになる。

要は、どちらが信頼できるか、どちらが安心できるか、という話である。
悪しからず。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。