記事

火山地震103熊本地震と中央構造線ーー9世紀地震史からみる

1/2

 4月14日の熊本県地震の被害の大きさに衝撃をうけています。なくなられた方を御悼みするとともに、被災地の皆さんのご無事を願っています。

 画像を見る

歴史家としての情報提供の仕事ですが、この地震を考える上で、9世紀の東日本太平洋岸地震(奥州地震・大津波、869年)の前後の状況を知っておく必要があると思います。しばしばいわれるように、9世紀の列島の地震・噴火の様子は、現在に似ている部分があるからです。

 869年の奥州大地震が2011年3月11日の東日本太平洋岸地震とほぼ同じ震源断層と津波の規模をもっていたことはよく知られています。869年の熊本県地震と昨日、2016年4月14日の熊本県地震は、もちろん同じような地殻の運動ということはできませんが、東北沖の太平洋プレートの沈み込みが起こした大地震・大津波ののちに起きた地震として共通性があるということはいえるでしょう。現在のところ、ジャーナリズムでは明瞭に報道されていないようですが、どのような地殻の動きの結果であるかということは明示できないとしても、列島の大地は3月11日の東日本太平洋岸地震に直接に続く地殻運動の中にあると考えるべきであると思います。

 昨日の熊本地震は熊本を東北から西南に横切る布田川(ふたがわ)断層帯・日奈久(ひなぐ)断層帯において発生したものですが(地図は地震本部HPより)、869年の熊本県地震は地震学ではまだ震源断層もマグニチュードも確認されておらず、地震本部の熊本県の地震の一覧のなかでも、まだ明示されていません。ただ、下記の拙著で述べましたように文献史料からは、発生したことがほぼ明らかです。

 そうだとすれば、この869年地震は徳川時代から何度も何度も発生してきた熊本の大地震のもっとも古い例として注目されるべきものと思います。研究を急ぎ、それに対応して地域の小学校では基礎知識として教材化するべきものであると思います。それによって、列島の国土についての常識を蓄積していくことはいざというときに力を発揮するものと思います。現状では、歴史教育において、これらの点への配慮がきわめて不十分です。
 
 なお、問題は、この断層帯が中央構造線につらなるものであることです。原発の置かれた伊方が中央構造線上にのびる佐田岬にあることの危険性はよく知られていますが、鹿児島の川内原発も、ほぼこの布田川(ふたがわ)断層帯・日奈久(ひなぐ)断層帯の延長線上にあることは無視できません。
 
 中央構造線については小学校から教えるべき事柄ですが、そのとき、同時に原発についても子どもたちに考えてもらうことも大事です。彼らの未来に関わる問題なのですから。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。