記事

業界団体に規制官庁の課長補佐以上が来て喋るということ

 どうも事の深刻さが分かってない人が多いようなので、補足を。

 mixiで「モンスターストライク」をデザインした岡本吉起さんの発言をもう一度見ましょう。

金なし、開発たった7人…期待ゼロだった「モンスト」、なぜ驚異的ヒット?
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14528_3.html
[引用] 岡本 僕が「食ってるな」と思うのは、パチンコ市場です。一回に何万円もお金を出すユーザーを抱えているのは、パチンコだけですよ。 ソーシャルゲームのユーザーは、もともとパチンコのお客さんだったと思います。だから、僕らも、そこを意識して食いにいっています。グイグイ食い込んでいるので。パチンコ業界は相当苦しいと思いますよ
 業界的には極めて軽率な発言としか言いようがありませんが、その競合とされるぱちんこ業界は極めて厳格な規制官庁からの監視と緊張関係によって射幸性が制限され、監督機関が指定する団体の検査を通らなければ台を販売することができません。

 必然的に、2012年5月の玉川課長補佐(当時)の業界セミナーでの発言や、昨年の大門課長補佐の講話の内容を見ていただければ分かるとおり、本来の規制官庁と業界団体の関係というのはこういうものです。

余暇進 警察庁生活安全局保安課・玉川達也課長補佐が講話
http://vsearch.co.jp/news/news02/pg399.html

警察庁・大門課長補佐が行政講話「射幸性の抑制」「遊技くぎ問題」に言及(全文掲載)
http://www.yugitsushin.jp/news/gyousei/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%BA%81%E3%83%BB%E5%A4%A7%E9%96%80%E8%AA%B2%E9%95%B7%E8%A3%9C%E4%BD%90%E3%81%8C%E8%A1%8C%E6%94%BF%E8%AC%9B%E8%A9%B1%E3%80%8C%E5%B0%84%E5%B9%B8%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%8A%91%E5%88%B6/ 

 まだ遵守されているとは言いがたいガイドラインの改訂にあたって、呼ばれて業界団体のセミナーに挨拶に来てしまう課長も課長ですが、これでさらにソーシャルゲーム業界が何かやらかして問題になったとき、官庁から誰を呼んでくるつもりなのでしょう。結構最初からレートあげて勝負かけてきてるように外部からは見えますよ、消費者庁も熱量が低いからこれでいいと思ってるかもしれないけど、という事案のように感じます、はい。

 なお、この辺の機微はPOKKA吉田さんが本を書いておられますので、併せてご覧ください。
これから長移動するのでこの辺で。



やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  4. 4

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  5. 5

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  6. 6

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

  7. 7

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  8. 8

    音喜多氏 国会での大暴れを誓う

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    吉本のギャラ8割徴収は問題ない

    永江一石

  10. 10

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。