記事

7人制ラグビー・リオ五輪日本代表が夢見る「セブンズ文化」とは

松瀬 学=文

昇格大会で優勝!

強くなった。いや、うまくなった。10日に閉幕した7人制ラグビーの香港セブンズ・ワールドシリーズ(WS)コアチーム昇格大会で優勝した男子日本代表のことである。もちろん世界のトップクラスとの差はまだまだ大きいけれど、チームには、ハードワークを続けてもっと成長すれば、「五輪メダルもイケる」との感触をつかんだようだ。

画像を見る

「予定通りですね」と、前主将の坂井克行(豊田自動織機)は安ど感を漂わせた。2年ぶりのWSコアチーム復帰である。坂井は2年前といまの代表の違いをこう、説明した。

「(WSの試合で)勝負のアヤを世界基準で学べました。やはり経験値は大きい。2年前は“勢い”でやっている部分がありましたが、いまは勢いに経験、かしこさが加わっています。試合中、絶対、慌てません」

とくにディフェンスである。早くセットして前に出る時は思い切り上がる。またタックラーは必ず、相手の下にいって、すぐに立ちあがってファイトする。2人目もはやくポイントに入る。その際の選手間のコミュニケーション、個々の判断が向上している。

これも昨年からほとんど同じメンバーで合宿を重ねてきたからだろう。昨年11月はリオ五輪出場権を獲得し、今年3月のWSの米国大会では6位と健闘した。「準備」と「経験」。個々のフィジカルもスキルもスピードもアップし、チームの連携も強化されつつある。日本代表の瀬川智広ヘッドコーチ(HC)はチームの成長をこう、評した。

「昨年は世界(の強豪)と戦うのはちょっと準備不足かなと思っていましたけど、いまは“力試しをしたい”と選手たちの意識が変わってきています」

世界トップレベルのチーム力になれるか

リオ五輪の出場国は日本など12カ国、WSのコアチームは15チームである。日本の位置は現在、世界の10~15位の間とみていいだろう。だから、五輪でメダルを獲得するためには、さらに2段、3段のチーム力アップが求められる。

香港セブンズを制したフィジーほか、ニュージーランドや豪州、イングランドなどを倒すためには、まずは個々のフィジカルやフィットネスをもっと上げる必要がある。

日本協会の岩渕健輔・日本代表ゼネラルマネジャー(GM)が説明する。

「基本的に、日本がやるべきことは、ベーシックなところをしっかり上げていくことです。ワールドカップの日本チームもそうでしたが、(セブンズも)男女関係なく、本当に走れるようになることです」

昨年のW杯で南アフリカに番狂わせを演じた日本代表のごとく、男子セブンズ日本代表もまた、「世界一のフィットネス」を創り上げることが五輪メダルのカギを握る。

男子セブンズ日本代表は休む間もなく、WSのシンガポール大会(16~18日)に転戦し、世界の強豪にチャレンジする。その後、5月、6月は国内合宿で戦術を磨きながら徹底的に走り込み、リオ五輪前の7月には強豪チームと対戦するプランとなっている。

期待したいのは、ポジション争いである。今回の昇格大会に出場しなかったスピードスターの福岡堅樹や藤田慶和、山田章仁(いずれもパナソニック)らも加わり、五輪キップ争いはし烈さを増していくことになる。

「勝てたらラッキー」から脱皮

選手たちには、『セブンズ文化』を築きたいとの思いが強い。WSのすべての大会に参加することで、男子セブンズの力量も人気も向上する。坂井が「少しずつセブンズの文化が芽生えてきている」と漏らせば、桑流水裕策主将(コカ・コーラ)は「セブンズ文化とは、負けない文化」と言った。

「正直、かつては大会の週の初めに招集されて、週末に試合をすることが多かった。それでイングランド、ニュージーランドに勝てたらラッキーという程度の気持ちだった。それが今では、準備を含めて、全然違う。どんな相手にでも勝ちにいく。そういった状況が負けない文化をつくるのです」

大相撲に例えるならば、WSコアチーム入りした日本は幕内で本場所を戦えるようになったようなものだ。十両力士で、時たま幕内の前頭あたりと戦っていてもたかが知れている。やっぱり、三役クラスと毎場所戦うことで地力がついてくるのである。

地力がつけば、負けない文化が築かれることになる。五輪でメダルをとれば、セブンズ人気も上がる。セブンズをやりたくなる子どもたちも増えていく。好循環をたどり、セブンズが生活の一部になる日がやってくるかもしれない。それがセブンズ文化。

リオ五輪まで、あと3カ月半。セブンズ文化をつくる夢を抱きながら、選手たちはハードワークに明け暮れるのである。

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)、『新・スクラム』(東邦出版)など多数。2015年4月より、早稲田大学大学院修士課程に在学中。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    消費税率戻さねば辻褄合わぬ政府

    自由人

  5. 5

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    渡部の現在「格闘家みたいな顔」

    SmartFLASH

  7. 7

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  10. 10

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。