記事

衆院2補選告示

昨日、12日に、衆院北海道5区と京都3区の2つの補選が、告示されました。

夏の参院選の前哨戦で、衆参同日選を含めて年内の衆院解散が言われる中、安部総理の解散戦略を左右するものになります。

安部政権の経済政策「アベノミクス」が論戦の中心と言われていますが、安保関連法案の是非や、国会で審議が混乱しているTPPについても、選挙民は判断することになりそうです。

自民党は、育休宣言後に不倫が発覚した宮崎健介前議員の辞職に伴う京都3区の補選に、候補擁立を断念し、公明党も自主投票を決めています。

京都3区は、民進党で、前回選挙で比例復活当選した泉健太前議員と、大阪以外でも議席の確保を狙うおおさか維新の会の候補など6人の争いになっています。

一方、北海道5区は、町村信孝前衆院議長の死去に伴うもので、与野党の対決になっています。

自民党は、町村氏の娘婿の和田義明氏を候補とし、公明党と日本のこころを大切にする党が推薦しています。地域政党である新党大地の協力も取りつけています。

対するのは、やはり新人で無所属の池田真紀氏で、民進党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちが推薦しています。

市民団体も、池田氏を支援しています。

和田氏は、北海道の経済再生に向けた与党の実行力を強調し、大手商社勤務をいかした演説のスタイルをとっている、と報じられています。

池田氏は、格差是正を、自身の虐待や貧困体験、成人後もシングルマザーとして子どもを育ててきたことなど、これまでの半生の体験をもとに訴えています。

安保法制廃止も訴え、前面に市民団体が立っています。10日の集会には、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏や、安保法に反対する学生団体「SEALDs」のメンバーなどが並びました。

野党各党の共通ポスターには、「市民がひとつにつながれば政治は変えられる」と書かれています。

この補選は、野党にとって、参院選1人区で進めている「統一候補」の試金石ともいえます。

補選は、いつも政権にとっての中間試験といわれます。

前回の選挙以降、安部政権が進めてきた、アベノミクス、安保関連法案などについて、是非、それぞれの考えを1票に託して、いつも低い補選の投票率を上げる意思表示をしてほしいと願っています。

あわせて読みたい

「衆院補選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  6. 6

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  10. 10

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。