記事

北朝鮮vs韓国「ドローン戦争」と日本人拉致問題


北朝鮮軍の無人航空機(ドローン)

米ジョンズホプキンス大学国際大学院(SAIS)韓米研究所のキム・ヨノ専任研究員が、外交専門誌「フォーリン・ポリシー」への寄稿文で、北朝鮮に外部世界の情報を流入される取り組みを強化するため、無人航空機(ドローン)を積極活用することを呼び掛けている。様々な情報を大量に記録したUSBメモリやSDカードを、ドローンを使って北朝鮮国内に送り込もうというのだ。

北朝鮮が、外部情報の流入に神経を尖らせているのは周知のとおりだ。それが単なるドラマの類であっても、国内に搬入したり流布させたりしたことが当局にバレたら、死刑を含む厳罰に問われることになる。

(参考記事:北朝鮮が女子高生を「見せしめ」公開裁判にかけた理由

(参考記事:「韓流女性」を銃殺、「国際電話」で処刑…北朝鮮「人権侵害」の実態

しかしドローンを使えば、情報のやり取りに関与する人の数を極力減らすことが出来るので、比較的低いリスクで事を運ぶことができるというわけだ。

ドローンは、すでに北朝鮮と韓国の宣伝戦に投入されているが、今はむしろ北朝鮮の方が活用に積極的だ。韓国国内に宣伝ビラを散布するついでに、重量のあるモノを空から落とし、自動車や貯水タンクをぶっ壊してもいる。

(参考記事:北朝鮮のドローン部隊が韓国を「爆撃」している

(参考記事:韓国を襲う北朝鮮「ビラ爆弾」、今度は貯水タンクを無慈悲に粉砕

(参考記事:北朝鮮の宣伝ビラが韓国乗用車を無慈悲に粉砕…ドローンで散布か?

韓国軍は、そうした動きを阻止出来ておらず、ドローンの隠密性の高さが証明された形と言える。

そして、こうした状況を見ていてふと思ったのが、日本政府は何らかの情報を用いて、日本人拉致被害者の情報を北朝鮮国内に流布させるべきではないか、ということだ。北朝鮮にも、体制に反感を抱く人は大勢いる。拉致問題の真相を最終的に解明するためには、いずれそうした人々の助けを借りることになる。

しかし、こちらがどういった人々を探しているかが彼らに伝わらなければ、具体的なレスポンスは期待できない。

もちろん、そうした取り組みは膨大なコストがかかるし、様々なリスクを伴う。しかし、マスコミはかまととぶって書こうとしないのだが、すでに金正恩体制との日朝国交正常化は可能性が消滅したも同然であり、対話の余地はほとんどなくなっているのだ。

(参考記事:新聞記者の「かまとと」が拉致問題の解決を遅らせる

ならば、ほかにどのような道があるのか。それを考える上で、日本政府は無根拠に、「いずれ金正恩氏も大人しくなるだろう」などと期待してはいけない。むしろ、彼の暴走は行くところまで行くと考え、それにつれて強まる北朝鮮の国内矛盾を利用することをこそ、考えるべきではないだろうか。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

(参考記事:徐々にわかってきた金正恩氏の「ヤバさ」の本質

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  3. 3

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  5. 5

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  6. 6

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  7. 7

    ジャパンライフ被害男性の証言

    田中龍作

  8. 8

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  9. 9

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  10. 10

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。