記事

衆参同日選挙 自民が圧勝

今年の政治を予測しているわけではない。過去をふり返ってみたい。

 当時、大平総理が選挙中に倒れて亡くなられたという事は、幼心に鮮明に覚えている。その次の次にあたる中曽根総理のインパクトが強いだけに、急逝されたこと以外に印象がない総理であったが、改めて大平元総理の経歴や辿ってこられた歩みを見てみると、少し見るだけでも大変興味深い。

 そのうちの一つの事象が衆参同日選挙。当時の野党連合?社公民(日本社会党・公明党・民社党)による内閣不信任決議案に対して、ゴタゴタの自民党内では反主流派が欠席。不信任決議が可決されてしまったことを受けて、大平総理が衆議院を解散。ハプニング解散と呼ばれる解散劇によって、史上初の衆参同日選挙が実施されることとなる。
 現職総理の急逝に、自民党は大きな支援を受ける。結果として、大勝利を収めることになるのだ。そして、自民党の基盤も結果として強固になり、長期中曽根内閣へと道ができていく流れとなるようだ。

 冒頭のタイトルは、当時の選挙の映像がみれるNHKアーカイブスから拝借したもの。
【衆参同日選挙 自民が圧勝】

 興味深いのは、大平総理時代に対米協調路線の道筋ができたという話。そして、環太平洋連帯構想なるものが外交面で提唱されていたという事。実りとしては、中曽根内閣においてということになるのかもしれないが、大平内閣において礎ができていたものと思われる。

 実は、この衆参同日選挙の前の衆議院選挙では、自民党が過半数を割り込む大敗をしている。内政において、増税(今で言う消費税の導入の検討)発言があったという。当時は、国の借金が100兆円。税制を考え直さなければ日本という国が持たないと言われての増税の検討であったのだろう。今や、国の借金は1000兆円を超える。あの時の危機感とは何だったのだろうかと思う。

 増税など誰もが求めるものではない。しかしながら、長期的な持続可能性を考えるのであれば、現実と向き合う対応を真摯に国民に示すのも政治の役目であると考える。大敗して混乱を招いたとはいえ、大変勇敢な行動であったのではないかと推察する。
 「量入制出」「量出制入」という言葉がある。確かに、「入るを量りて出ずるを制す」の精神は尊い。当然、ムダをなくしてもいかねばならない。しかしながら、必要なものは必要なのである。とりわけ、公にとっては。であるならば、「量出制入」で必要に応じて入るもの(税及び借金)を調整することも財政の重要な役割と言わねばならない。

 少し聞きかじりから深い興味がフツフツと沸いてくる。大平正芳という人が日本の舵取りをしていた頃の状況を、今一度じっくり見つめ直して、今と未来を考えたい。

あわせて読みたい

「衆院選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  7. 7

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。