記事

【日本外交の成果と課題】

4月10日(日)と11日(月)に岸田外務大臣を議長として開催されたG7外相会合は、核不拡散と軍縮で声明や宣言などを通してG7全体で歩調を合わせることが出来たことから、来月の伊勢志摩サミットを前に良い流れを作ることが出来た。特に米英仏の核保有国を含む7カ国の外務大臣が揃って記念碑に献花出来たことは、人類初の原爆投下から71年目にして世界史的な転換点が訪れたことの象徴だ。この点を日本外交の成果として佐藤は率直に評価し、関係各位に敬意を表したい。

一方外務省の資料を読み込むと、東シナ海・南シナ海の海洋資源が、中国により不当に浸食されていることへの認識が7カ国の間で十分に共有されていないことが読み取れる。日米外相会談においては不安定化する東シナ海・南シナ海での日米の協調が確認されたが、その他の国々に極東でいま起きている事に対してどこまで当事者意識を持ってもらえたかは不明である。力による現状変更においては、ウクライナと東シナ海・南シナ海における中国の拡張主義が表裏一体であることを、カナダや欧州主要国にしっかりと認識してもらい、国際社会において声を上げてもらわなければならない。この点が、佐藤が今朝の党の部会で強調した点だ。

来月のサミットこそが、主要国首脳会議の本番だ。伊勢志摩では今回の成果を更に高め、今回明らかになった課題については首脳レベルで共有できるよう、残りの1か月半で努力していくべきだ。

あわせて読みたい

「外交」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。