記事

人たらし渋沢栄一の「ご縁を呼び込む“王道”」

数々の修羅場をくぐり抜けてきた名経営者たち。自らの生き様を語った言葉から、これからの人生の指針を打ち立てるヒントを得る。

一人の楽しみは、必ず広く他に及ぶ

「日本の資本主義の父」といわれる渋沢栄一。日本初の銀行など約500の会社と約600の教育福祉事業の設立にかかわった。しかし、一人ですべてをつくったわけではない。そこには多くの企業家や資本家の協力があった。つまり、多くの人を惹きつける魅力を備えた、いい意味での「人たらし」だったのだ。そのことは主著『論語と算盤』をはじめ、残された数多くの言葉からも読み取れる。

「栄一は強運の男だった。そのいい運はいい人とのご縁から生じる。栄一はどのような立場であろうと、人との出会いとご縁を大切にしたのではないか」

こう語るのは、栄一の玄孫にあたる5代目で、コモンズ投信会長の渋澤健。栄一の残した言葉を独自の解釈でまとめた著書もある渋澤が、人を魅了するという観点で、一番心に刻み込んでいるのが次の言葉だという。

「ただこれを知ったばかりでは、興味がない。好むようになりさえすれば、道に向かって進む。もし、それ衷心より道を楽しむ者に至っては、いかなる困難に遭遇するも挫折せず、敢然として道に進む」(『論語講義(二)』)

物事をただ「知った」だけでは興味はわかない。しかし、「面白い」と思えれば、何か行動を起こす。さらに行動してみて心から「楽しい」と思えれば、どんな困難があってもくじけずに邁進できるという意味だ。

「成功した人たちは、どこかの段階で楽しむ心のスイッチが入った人なのではないかなと私は思っている」と渋澤は述べ、栄一の次の言葉につなげる。

「一人の楽しみは、決してその人限りに止まらず、必ず広く他に及ぶ」(『渋沢栄一訓言集』)

「自分が楽しそうにしていると、人が自然に集まってくる。この人と一緒にいると楽しいよねとか、何かやってくれそうだとか、魅力を感じる。世の中で成功している人たちは、個性的な人が多いが、自分の人生を楽しんでいる。そういう人に魅かれて人はついていく」

なるほど、大切なのは自分が心底楽しむこと。これこそが「ご縁」を呼び込む“王道”なのだ。

利己を否定せず利他につなげる

「ご縁」というと受け身の感じもするが、栄一は自ら積極的に縁を求めた人でもあった。

「老年となく青年となく、勉強の心を失ってしまえば、その人は到底進歩するものではない、いかに多数でも時間の許す限り、たいていは面会することにしている」(『論語と算盤』)

何歳になっても学ぶ心を失っては、人の進歩は止まる。そうならないためには、忙しくても時間の許す限り、訪れてくる人にはなるべく会うようにしている、という意味だ。そんな面会の機会を得た一人に、イオングループの創業者である岡田卓也の父親である岡田惣一郎がおり、当時15~16歳だった岡田少年は四日市から東京まで行商をしながら旅費を稼ぎ、栄一の自宅を訪ねたそうだ。

「栄一が強運の男だったヒントはここにある。運を持ってくるのは人。時間は有限ですし、面倒くさいかもしれない。けれどそこで人を門前払いするのか、いろんな人と会って意見交換するのか。栄一の家には毎朝、多くの人が陳情に来たが、出勤する前に時間の許す限り会っていた。そういう中で、自分の考えをまとめたり、気づきなどもあったのだろう」

そうしたご縁で出会った人と、どんな関係を築いていくのか。

それが最も大切な点だ。栄一はこうも語っている。

「他人を押し倒してひとり利益を獲得するのと、他人をも利して、ともにその利益を獲得するといずれを優れりとするや」(『渋沢栄一訓言集』)

人を押しのけて、その分まで自分の利益にする人と、人も自分も、どちらも利益が得られるようにする人、どちらが優れているかは明らかだ、という意味である。渋澤はこう解説する。

「利己と利他はよく別だといわれるが、必ずしもそうではなく、私は利己を否定してはいけないと思っている。ただ、利己とはいまのその瞬間だけのこと。ただ、テークだけで、ギブしないというのは、そのときはいいけれども、将来はどうか。いまギブすれば、将来、ギブンされるかもしれない。利己というのはそのときの瞬間のことで、そこに将来という時間軸を刺すと、それがやがて利他につながっていく。結局、栄一は『論語と算盤』で利己と利他のバランスを説いているのではないか」。

信頼関係にあった岩崎弥太郎

栄一はさらに次のようにも語っている。

「およそ目的には、理想が伴わねばならない。その理想を実現するのが、人の務めである」(『渋沢栄一訓言集』)

ある目的に向かって行動する場合、目的の達成だけではなく、その理想をも実現するのが人間の義務であると。渋澤は「私はその瞬間の利己は否定しないが、『理想』という将来への時間軸を通すことが最も大切であり、その理想を実現させることが人の務めといえるのではないかと考えている」と話す。

これは渋澤の仕事にも通じる。外資系金融機関を渡り歩いたのち、コモンズ投信を立ち上げた。主力商品の「コモンズ30ファンド」は、30年先を見据えた個人向け投資信託。短期での効率的な運用を目指す本来のファンドとは性格が異なる。長期の時間軸の中で、個人投資家と投資される企業の双方が利益を得られるようにするものだ。

ところで、「人たらし」の栄一にとって、犬猿の仲といわれるのが三菱財閥の創始者の岩崎弥太郎で、有名なエピソード「向島の決闘」が残っている。料亭での会食で、経営哲学をめぐって論争になり、激高した渋沢が途中で黙って帰ったというもの。ところがこれには後日談がある。約1年後、2人は協力して日本初の保険会社、東京海上保険会社を設立しているのだ。

「三菱の岩崎さんが出資することは信用力を高めるので歓迎していた。栄一は晩年、岩崎さんとは経営に関しての考え方は違ったけれど、毛嫌いしたことはないと振り返っている。リスペクトは当然あったはず」(渋澤氏)

栄一も「礼儀ほど美しいものはない」とし、意見が対立する相手でも尊重することが大切だと説いた。敵・味方は単純でなく、いつ入れ替わるかわからない。たとえば、社内人事で嫌いな人と一緒に仕事をしなければならないこともあるだろう。ライバルであっても、礼節は欠かないようにしたいものである。

「人たらし」は天賦の才かもしれないが、ここで取り上げた言葉を意識して実践していくようにすれば、人間関係は変わってくるはずだ。

(敬称略)

渋沢栄一の歩み

【1840年】現・埼玉県深谷市に生まれる

【1864年】一橋慶喜に仕える

【1866年】幕臣となる

【1867年】パリ万博使節団員として出立

画像を見る
パリ万博使節団員として出立「西欧文化に日本の武士はびっくり」

【1869年】明治政府に仕えて、民部省租税正になる

【1873年】勤めていた大蔵省を辞め、第一国立銀行を開業

【1878年】東京商法会議所を創立

【1885年】日本郵船会社創立、東京瓦斯会社創立

【1887年】帝国ホテル創立

画像を見る
帝国ホテル創立

【1888年】札幌麦酒会社設立、東京女学館開校

【1890年】貴族院議員に任ぜられる

【1897年】渋澤倉庫部開業

【1916年】実業界を引退

【1931年】逝去

渋澤健
1961年生まれ。87年にUCLAでMBA取得。JPモルガン、ゴールドマン・サックスなどを経て、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー設立。08年にコモンズ投信を立ち上げて会長に就任。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。