記事

イオン、17年2月期は増収増益計画 改革進みGMSも増益見通し

[東京 13日 ロイター] - イオン<8267.T>は13日、2017年2月期の連結営業利益が前年比7.4%増の1900億円になるとの見通しを発表した。前期減益だった総合スーパー(GMS)事業は、商品改革・売り場改革が進み、増益を見込む。このほか、総合金融事業やディベロッパー事業なども増益に寄与する。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト11人の営業利益予測の平均値は1877億円となっている。年間配当は2円増配の年間30円を計画している。

連結営業収益は同2.7%増の8兆4000億円の見通し。

イオンリテールは、改革の遅れから前期の第3四半期までは苦戦したものの、第4四半期から増益となり、粗利益率が大幅に向上しているという。改革は、各店舗への権限移譲や人員の充足による売り場改革などが中心。岡崎双一イオンリテール社長は「この改善は今期も続く」とみており、GMS事業は増益を見込んでいる。

投資は前期並みの5000億円を計画。地域別では、日本向けの投資が増加する一方、アセアンや中国向け投資が前期よりも減少する。日本では、GMS、SM(スーパーマーケット)、DS(ディスカウントストア)事業の活性化投資が同35%増、成長分野であるドラッグ・ファーマシー事業が同30%増とする。

16年2月期の連結営業収益は前年比15.5%増の8兆1767億円、営業利益は同25.2%増の1769億円となった。増収・営業増益だが、国際事業の下振れや事業再構築費用、店舗のスクラップ&ビルドに関する費用の引き当てなどにより、当期利益は同85.7%減の60億円にとどまった。

*内容を追加しました。

(清水律子)

あわせて読みたい

「イオン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  4. 4

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  5. 5

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  6. 6

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  7. 7

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はドメイン名で信頼性を担保して

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  10. 10

    営業職の約8割「嫌な思いした」誰得営業が発生する現実

    キャリコネニュース

    06月25日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。