記事

【読書感想】ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ

2/2

 また、こんな話も。

 計画を事前に入念に練ることに時間を割くよりも、とりあえずプロトタイプやβ版を出す。そしてその反応を見てカイゼンし、また反応を見て修正して……ということをグルグル回してブラッシュアップしていくやり方である。

 ウェブ小説のプラットフォームでは、小説でさえ、こういう高速仮説検証が可能である。

 たとえば、小説の企画(プロット)がA案B案C案と三つあった場合、どれがいいか? そんなものは、やってみなければわからない。今までは、そのなかから編集者と作家が勘で決めていた。だが、今なら冒頭部分を三つとも書いてネットにアップすればいい。出してしまえば、それぞれアクセス数をはじめとする、読者からの反応がわかる。ウケなかったら、設定を変えて再リリースすることもできる。

 いくつかのエンディングを作って、試写での評価で公開バージョンを決めるというハリウッド映画みたいなことが、「ウェブ小説」なら、低コストで、時間もかからずにできるのです。

「ウェブ小説」では、小説の長さも融通がきくし、「仮作品」をアップロードして読者の反応をみてブラッシュアップすることも可能です。

 小説の「かたち」そのものが変わってしまう可能性もある。

(とはいえ、読者にとって心地好い「かたち」に、そんなにバリエーションは無いのかもしれない、とも僕は感じています)

 著者は、「ウェブ小説」だけではなく、ボーカロイド小説など、ネットとの相互作用によって生まれた新しいコンテンツについても言及していて、僕のような「ウェブ小説に疎い人間」が「基礎知識」をつけられる内容になっています。

 そうか、こんなことになっていたのか。

 個々のウェブ小説の詳細な紹介や評価はなされていないので、「おすすめの作品を知りたい」とか、「あの作品を著者がどうみているのか興味がある」という人、あるいは、すでにウェブ小説の世界に詳しい人は、実際にページをめくってみて購入を判断することをおすすめします。

リンク先を見る 君の膵臓をたべたい リンク先を見る 君の膵臓をたべたい

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  2. 2

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  3. 3

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  4. 4

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  5. 5

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  6. 6

    世界から人権侵害の一環として捉えられた彭帥問題 北京五輪への影響を中国は苦慮

    舛添要一

    12月06日 09:43

  7. 7

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  8. 8

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  9. 9

    岸田内閣の支持率が60%超え。大した悪材料がなさそうなので、当分このままかな

    早川忠孝

    12月06日 16:27

  10. 10

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。