記事

アングル:苦境に陥る米シェール業界、銀行が与信枠大幅削減

[11日 ロイター] - 原油価格下落局面が2年近く続いたことで、ついに米シェール開発業者が資金調達の面で苦境に立たされることになった。銀行がかつてないほど大幅に与信枠を削減しているからだ。

石油・天然ガス生産企業は、半年ごとに取引先銀行と交渉し、保有資源の価値に基づいて与信枠を設定する。これまでの与信枠見直し局面では、石油企業側が原油価格下落にヘッジをかけていたことや、経費節減を続けられる態勢にあったことが評価され、銀行からはある程度寛大な条件が提示されていた。

しかし今回は、多くの企業のヘッジがほぼ満期を迎え、与信枠算定の基準となる原油価格が半年前より最大で20%低いこともあり、銀行の態度は厳しくなりつつある。

与信枠見直し交渉時期が始まってわずか数週間を経過しただけだが、既にロイターが集計したデータでは合計35億ドル、全体の2割相当の与信枠が削られた。このペースなら5月までの交渉期間で、残る500億ドルの与信枠のうち100億ドルがなくなってしまうだろう。

シェール業界にとっては資金調達環境の悪化によって資産売却や人員削減、設備投資圧縮などをさらに迫られることになる。これまで何とか存続してきた企業の中で、破綻に追い込まれる割合も増える恐れがある。

銀行は銀行で、原油安を受けて規制当局からエネルギー関連債権に付随するリスクを抑えるようより強く促されている。

石油企業と銀行の次回の与信枠交渉が行われる秋になっても、原油価格が1バレル=40ドル未満のまま反発していなければ、与信枠のさらなる削減圧力になりかねない。

サウス・テキサス・マネー・マネジメントのシニア・ポートフォリオマネジャー、クリスチャン・ルドゥー氏は「現在の原油価格で幅広い収益力を持たない企業は、非常に困難な状況に置かれることが分かるだろう」と話した。

JPモルガン・チェース<JPM.N>のシニア米国クレジット・アナリスト、タレク・ハミド氏は、原油が35ドル近辺にとどまるなら、投機的格付けのエネルギー企業150社前後の社債のうち約36%は来年末までにデフォルト(債務不履行)に恐らく陥る、と予想する。

<銀行の注文>

石油・ガス企業は日々の事業の資金として、いわゆる銀行からのリボルビングローン(一定の与信枠において何度でも可能な借り入れ)に依存しており、与信枠を削減されれば他の資金調達手段を探さざるを得ない。

例えば与信枠を4億5000万ドルから1億ドルに減らされたクレイトン・ウィリアムズ・エナジー<CWEI.N>は、オルタナティブ投資会社アレス・マネジメント<ARES.N>から銀行の3倍もの金利で資金を借り入れた。

一方で与信枠をめぐる交渉では、銀行が石油企業に対して「アンチ・ホーディング」と呼ばれる契約条項を導入するよう求める動きも出ている。これは借り入れの返済に回すことが可能な現金やその他の資産の扱いについて銀行がより大きな発言権を得られるというもの。

法律専門家やアナリストの話によると、リン・エナジー<LINE.O>などの企業が銀行との交渉を前に既存の与信枠で多額の借り入れを行ったことが、こうした条項を銀行が持ち出す契機になったという。

2月にはデンバリー・リソーシズ<DNR.N>のフィル・ライクホーク最高経営責任者(CEO)が銀行団との交渉後、アンチ・ホーディングを採用するのと引き換えに財務面のストレステストの条件を銀行側が緩めてくれた、と投資家に明らかにした。

(Swetha Gopinath、David Henry記者)

あわせて読みたい

「シェールガス」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  9. 9

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。