記事

舛添知事、今回もファーストクラスで元気にアメリカへ出発!それでも豪遊がやめられない理由とは?

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

本日、無事に舛添知事がアメリカへと旅立たれてしまいました。帰国は18日の予定だそうです。

舛添知事、米へ出発…高額批判で経費削減指示
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160412-OYT1T50062.html?from=tw

出発前、成田空港で報道陣の取材に応じた舛添知事は「成果を上げることが第一で、精力的にスケジュールをこなしたい。(経費は)徹底して削減するよう指示したが、帰国後にも精査する」と述べた。

ふむふむ、徹底的に削減ですか。それは期待できるというものですね!

と格好良くこちらのインタビューに答えた後、颯爽とファーストクラスにご搭乗されて出発されたそうな。

…なんだそれ、ギャグか!

笑えないよ!(特に都民は)

政策企画局外務部にも確認したところ、搭乗したのはやはりファーストクラス。宿泊先に関しても、

「ホテルのグレードは泊まるホテルの名称によって異なるが、セキュリティなどの要件を満たすため、基本的に前回と同水準で手配している

うーむ、どうやらガッカリする結果が出てきそうです。

一方で、「見直しを行った結果、随行員が知事と同じホテルに泊まることはやめた」そうで、他のメンバーは近隣のビジネスホテル宿泊に相成ったとのこと。なるほど、自分は一切身を切らずに、部下たちに経費削減を押し付けるのですね。

リーダーのかがみです、こころからそんけいします。

あと随行職員は今回は15名とのことで、これもパリ・ロンドンの20名からあまり減ってません。前回は「二カ国分だから」という言い訳があったと思うのですが、はてさて。。

高すぎる?舛添知事の海外出張費 「神奈川とは桁違い」「結構おおらかな使い方だ」…近隣知事から発言相次ぐ
http://www.sankei.com/politics/news/160412/plt1604120050-n1.html

ここまで指摘が相次いでもなお、舛添知事がファーストクラス&スイートルームをやめられない理由は、やはり「自分の過ちを認められないから」という一点に尽きると思います。見直すのであれば、彼は都知事に就任した最初の出張で、「石原・猪瀬都政の出張はやり過ぎだった、私は節減に努めます!」と宣言しなければいけなかったのです。ところが今さら「やっぱりビジネスクラスなどにします」なんて言い出せば、

「これまでの出張はすべて、無駄遣いをしていたということか」
「あなたも、豪遊の片棒を担いでいたことを認めるのですね!」

という批判が殺到するし、セキュリティ云々という従来の言い訳もすべて崩壊します。よって舛添知事は、もはや意地でも「ファーストクラスやスイートルームを使う意義があるのだ!」と主張し続けなければいけないと、そういう状態にハマってしまっているわけですね。

…しかし言うまでもないことですが、大切なのは知事の面子ではなく都民の公金です。

間違っていたことは、素直に間違っていたと認める。きちんと謝罪し、これからは本当の節減に努める。

これこそがあるべきリーダー像であり、一時期は批判されるかもしれませんが、長期的には必ず舛添知事にとってもプラスになる決断のはずです。

こうした情報発信を続けていると、そろそろ

「旅費くらいのことで、そんな目くじらを立てなくても」
「もっと他の仕事をして欲しい」

というご意見もいただくのですが、私はこれは決して小さなことではないと思います。

知事にエコノミーで行けと言うつもりは一切ありませんが、ビジネスクラスで充分に睡眠や仕事時間は確保できると思いますし、さらにその2倍の運賃を税金から払う意味はまったく理解できません。

出張費の内訳を求めても当初「隠した」という情報公開への姿勢も含めて、これは都政運営を担う彼の資質の根幹に関わる部分です。

東京五輪と超少子高齢化を迎える東京都には、もはや一銭の余裕もないのです。

少なくともあと2年は我々東京都のトップなのですから、改めるべきところはしっかりと改めてもらわねばなりません。そのためには、誰かがしつこく言い続けなければ、人や政策は簡単に変わらないのです。

画像を見る
衝撃!ロンドン市長の東京出張と比べてみたら、舛添知事の豪遊っぷりが一目瞭然だった

なお上記の記事に引き続き、他の海外首長に関する調査は続けておりまして、米ニュースサイト「ワシントンフリービーコン」の記事をご紹介。

De Blasio’s Gallivanting in Europe Costs NY Taxpayers $41,623.26
http://freebeacon.com/issues/de-blasios-gallivanting-in-europe-costs-ny-taxpayers-41623-26/

英文の記事なのですが、「ニューヨーク市長は欧州出張で、納税者に4万1千ドル(約500万円)も無駄に払わせた!」ということを糾弾する内容で、そもそも怒っている金額から言って舛添知事とケタが違います。そして、ちと文章が読みづらくてよくわからない部分はあるものの、

●イタリアへの航空券は2,607ドル(約30万円、往復or片道が不明)
●パリへの航空券は2,762ドル(約33万円、同上)

という数字が出ておりまして、明らかにこれもファーストクラスではなくてビジネスクラス未満です。

※記事が書かれた2015年9月の1ドル=約120円で試算
※あくまで報道記事であり、行政の公式情報はまだ未確認

国際派であり聡明な舛添知事であれば、すでに自らの過ちにはお気づきのことと思います。

何かを改めることは、決して恥ずべきことではありません。賢明なるご判断をしていただけるよう、引き続き提言を行っていく次第です。

あ、ちゃんと他の仕事もしています!

明日からはしばらく、舛添知事ネタ以外を発信しますね…

それでは、また明日。

関連過去記事:

前代未聞!?東京都、舛添知事の海外出張費5,000万円の内訳を説明できず逃亡
ファーストクラス266万円、スイートルーム19万8千円…舛添知事・海外出張費の妥当性は?
舛添知事に海外出張費を開示請求→787枚で手数料21,060円!!さらに黒塗りだらけな件

画像を見る おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 32歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。

リンク先を見る
twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  7. 7

    携帯大手3社 明暗分ける新プラン

    S-MAX

  8. 8

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  9. 9

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。