記事

エジプト政府の辞表

エジプトではコプト教徒と軍、警察の衝突事件が大きな政治問題になりつつある模様です。

この事件の取り扱いに抗議して副首相(兼財務大臣)が辞任したとのニュースが流れていましたが、11日付のal jazeerah net の記事は、速報として、シャラフ首相は辞表を受け付け、公認を選定しようとしていたが、最高軍事評議会が辞任は認めないということで、現在総ての閣僚が評議会に辞表を提出し、その判断待ちの状況にあると報じています。

また同紙の特派員が、12日午後最高軍事評議会がタンタウィ議長も出席して、記者会見を行うとのニュースを聞きこんだとのことですが、議長出席の記者会見と言うことが事実であれば、その場で重大発表(例えば政府の総辞職とか先日の事件の背後関係とか)がある可能性が強そうです。

また同紙はエジプト政治学者の言として、最高軍事評議会と政府との関係は上手く行っておらず、また政府の中には旧ムバラク体制の大臣も少なくなく(確か民主化勢力は特に情夫大臣を批判していたと思います)、それが先日のデモに対する取り扱いの拙劣さに現れたとして、その総辞職を求める声が強くなっていたとの観測を紹介し、新しい首相としてはオサム・アイサー博士やエルバラダイ博士(前IAEA事務局長で大統領候補の一人)の名前が挙がっていると報じています。

http://www.aljazeera.net/NR/exeres/971E495D-F81E-4FDE-932C-7A01076975D0.htm?GoogleStatID=1

記事の要点は以上で、もし記者会見があれば、その結果は日本時間今夜には解ることですが、治安の維持に関しては最高軍事評議会にも50%以上の責任があるべく、首相の首のすげかえとなれば、かなりトカゲの尻尾切りの感じが強いのではないでしょうか?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。