記事

「日本政府のキャンセルで遅れた」 国連・表現の自由査察官が来日

画像を見る

記者団からの質問に答えるデイビッド・ケイ国連「表現の自由」査察官。=12日、有楽町 撮影:筆者

 「当初は昨年末、来日するはずだったが、日本政府が遅らすよう言ってきた」-
 
 デイビッド・ケイ国連「表現の自由」査察官(法学者・国際人権法)がきょう、都内で記者団に明らかにした。

 特定秘密保護法の制定などで国際的に非難を浴びる日本。人権後進国である日本の表現の自由度を調査するため、ケイ氏は昨年末、来日する予定だった。来日は4か月ズレ込み、昨日となった。

 日本外国特派員協会(FCCJ)の屋外で記者団の ぶら下がり会見 に応じたケイ氏は、来日が遅れた理由を次のように答えた。

 「国連人権委調査官メンバーに対する招請を日本政府が保留にしたから。日本は昨年12月に招請していたが、11月になってキャンセルしてきた」。

 そのうえで「理由は分からない。そちら(記者団)で日本政府に聞いてほしい」と含みを残した。

画像を見る

「クローズアップ現代やらせ問題」で自民党本部に呼びつけられた堂本光NHK副会長(後ろ)。=昨年4月、永田町 撮影:筆者=

 昨年は政府のご機嫌を損ねる報道をしたテレビ局の幹部を与党が呼びつけるなどして、「日本の報道の自由度ランキング」は61位まで低下した。(前年は59位。理由は秘密保護法の制定)   

 戦争法との悪名をとる安保法制を国会で強行採決したのも昨年だ。こうしたこともあり、政府は国連調査委の来日を先延ばしにしたかったのではないかとの見方が広がっている。

 「公平性を欠くテレビ局に対しては停波もありうる」とする趣旨の発言をした高市早苗・総務相については ―

 「発言のことは聞いている。高市大臣に会ってどのような意図があったのか話を聞きたい。総務省(幹部)と会う予定はある。大臣に会う機会があることを期待したい。直接会えるかはまだ分からない」。

 ケイ氏は19日まで滞在し政府関係者や市民団体などと面談し、日本の「表現の自由度」を調査する。

 ケイ氏の動向に最も神経を尖らせているのは官邸だ。官邸筋は「ケイ氏は今朝から誰と会ったのか?」と、人権問題に詳しいジャーナリストに探りを入れて来たそうである。

 ~終わり~

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。