記事

他人の落ち度には厳しい国立競技場問題の主犯、JSC

これから出立しなければならないので簡単に。以下のようなニュースがNHKから廻ってきました。
違法賭博 2選手への助成金 返還請求を検討へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160412/k10010476131000.html

違法カジノ店で賭博をしていたバドミントンの桃田賢斗選手と田児賢一選手について、JSC=日本スポーツ振興センターは、2人に交付した助成金について返還の請求を検討することになりました。

JSCによりますと、違法カジノ店で賭博をしていた桃田選手と田児選手に対して、スポーツ振興くじを財源とする助成金が、桃田選手には平成25年度から昨年度までの3年間で合わせて180万円、田児選手には平成22年度から26年度までの5年間で720万円、交付されたということです。この助成金は「選手が競技活動に専念して競技水準の向上を図る」などの目的で選手個人に交付されるもので、くじを運営するJSCは、2人が助成金を受けながら違法カジノ店で賭博をしていたことから、助成金の返還請求を検討する
返還の理由は「totoくじ助成の目的外利用」と説明されていますが、一方、日本スポーツ振興センターといえば、未だ記憶に新しい国立競技場問題を引き起こした主犯格。これは以前、国立競技場問題が発生した時に散々く書いた事でありますが、この団体こそがtotoくじの目的外利用を画策し、不祥事を起こしまくった挙句にウン百億円単位で公金を損失させた当の本人であって、私としては「オマエラこそ、早く金返せ」の一言しかございません。

以下、昨年、国立競技場問題が発生した時に書いた一連の記事をご紹介しておきます。
その1:「誰かさん」の面子の為に使われるtoto収益
その2:「国立競技場」なる複合観光施設開発の失敗について
その3:国立競技場問題:可動屋根は「採算が合う」は本当か?
その4:国立競技場問題: totoくじ収益の「目的外」利用
その5:新国立:必要なのは「デザイン」ではなく「機能」の見直し
その6:新国立問題:森喜朗氏のヒールっぷりには感動すら覚える
その7:国立競技場問題の原因究明:賭博研究者の視点
その8:毎年55億円の流用で「焼け太る」国立競技場計画
その9:国立問題、さらに「おかわり」を要求する文教族

あわせて読みたい

「賭博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。