記事

バドミントンの桃田選手と田児選手

学生時代に芽生える「先輩・後輩」の上下関係を経験せずに、日本の社会構造を理解することは難しいのではないかと考え、私は日本の大学に入学。迷わず「体育会系」の運動部に入り、約4年間その世界を学ばせて頂きました。

その経験から、若い選手が先輩選手の誘いを断るのは非常に難しいことだと断言できます。特に先輩が憧れのスター選手であるならば、尚更です。

それでも、桃田選手は勇気を出して田児選手の誘いを断るべきでしたし、逆に行くのを止める説得をするべきでした。

そして、その理想論ともいえる困難なことを可能とするのは、やはり「教育」なのです。

私にも何名かのスポーツ・オリンピック選手との付き合いがありますが「若いのに大人だ!」と思える方と「年より幼いなー」と感じる方と両極端です。その傾向は、若い頃から活躍する芸能人にも見られるのですが、所属する協会や事務所、そして親御さんの教育によってかなりの差がついてしまうと感じています。
幼いころより、朝から晩までスポーツ一筋でやってきて、日本中からの注目と期待を一身に背負うような選手には、社会人としての常識を身に着ける教育プログラムが重要なのです(特に若くして大金を手にする場合は要注意です)。

今回、田児選手は無期限の協会登録抹消、桃田選手は無期限の試合出場停止の処分を受けましたが、この厳しい内容は、今後も事件が起こらないようにする為の戒めだと言われています。そうであれば、同等の厳しい処分を協会や所属チームの指導者にも課すことによって、教育の重要性を再認識するべきだと思います。

また、重要なのは更生プログラム。
次のオリンピックは無理だとしても、その他の処分を受けた選手も含め、ぜひ若い選手には東京オリンピックを目指すための復活のチャンスを与えて頂きたいと思います。

あわせて読みたい

「バドミントン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  4. 4

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  7. 7

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  8. 8

    ワクチンの知的財産権より命を優先すべき 製薬会社の利益優先の判断は再考を

    山内康一

    02月26日 11:35

  9. 9

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  10. 10

    もう一度考えてみる オリンピックって何だろう?

    ヒロ

    02月26日 10:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。