記事

東京五輪&パラリンピックの新エンブレム案

昨日、去年9月に白紙撤回された東京五輪・パラリンピック公式エンブレムの最終候補作品4点が公表されました。

このようなやり直しが必要になってしまった最大の要因は、組織委員会もデザイナーも、商標権や著作権といった知的財産権についての意識が低かったこと。

今回はその反省から、商標に関しては、8000万円以上をかけて徹底的に登録調査をしているようですし(前回の2300万円より大幅増)、著作権についても、模倣したものでないことを担保するために、200字以内のコンセプト及びアイデア段階のデッサンを提出するよう義務付けています。

お金を掛け過ぎではないかという議論が別途あるかもしれませんが、知的財産権の点については、かなり対策ができているのではないでしょうか。

しかし、前回のエンブレムには、選考の不透明性・不適切性という別の問題もありました。審査員8人が全てデザイン関係者で身内による出来レースだったのではないかという疑念を持たれてしまったのです。

この点についても、王貞治さんや杉山愛さんを委員に迎え、審査の一部をインターネットで中継するなど、それなりの対策がされていたはずですが、4候補の一つがいったん落選したものを繰り上げた作品だったことから雲行きが怪しくなってきました。

組織委員会は、商標調査で「すべて落ちてしまうのではないかと危機感があった」、「エンブレム委員が投票で選んだ」と説明していますが、いつ選んだのかなどは公表しませんでした。当初の選考方法でも、選考過程でも、敗者復活があることについては明らかにされていなかったため、選考の透明性・適切性に再び疑念が抱かれる事態となってしまいました。

なぜ3つではだめで4つの候補が必要だったのか、具体的にいつ・どのようにして4つ目を決めたのか、しっかりと説明責任を果たさなければ、またエンブレムにケチがつくことになりかねません。

日本も世界も心待ちにしている4年に一度のスポーツの祭典。
勝敗も大切ですが、フェアプレー精神が最も重要な理念です。

そのエンブレムの決め方がアンフェアであっては絶対にいけません。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。