記事

特集:「トランプ以後」の米共和党研究

1/3
今年はつくづく米大統領選挙への関心が高いと思います。今週発行の『週刊ダイヤモンド誌』の「踊る米大統領選挙」特集はなんと44pもあります。それというのも、ドナルド・トランプ効果による「ハイテンション」な予備選挙のお陰でしょう。これだけサプライズが多いのは、現オバマ大統領が誕生した2008年選挙に匹敵すると思います。
いろんな論点が考えられるところですが、本号では「米共和党の変質」を取り上げてみました。日本にとってもなじみ深い政党ですが、どうもわれわれの知っている昔の共和党ではなくなってきているのではないか。そうだとしたら、いったいどこがどう変化しているのか。歴史を遡って考えてみたいと思います。

●ついに潮目が変わったのか?

本誌の経験から言って、米大統領選挙を占う上でもっとも頼りになるのはオンラインカジノである。おカネを賭けている人たちは、イデオロギーや偏見などとはまったく無縁に事実を直視するという習慣を有している。だから現実の変化に即してオッズが動く。それに比べると、政治評論家の分析や世論調査のデータなどはバイアスがかかっているものが多く、素直に受け止めにくいところがある。
できれば米国以外のサイトが望ましい。ということで、2016年選挙では英国のブックメーカー、Paddy Power社が提供している”US Presidential Election 2016”というサイトを多用している。この指標をみると、3月下旬からトランプ候補のオッズが急低下している。一時は「2対1」(単勝倍率3.0倍)まで行っていたものが、4月に入ると「6対1」(単勝倍率7.0倍)となり、今日時点では「7対1」まで低下している。

このトレンドを見やすくしたものが、選挙のたびにお世話になっているアイオワ電子市場主催”2016 U.S. Presidential Market”である1。「自分が選んだ候補者が勝てば1ドルもらえる」という権利が、何セントで売買されているかをトラックしたものだ。下記はその共和党候補者の動きだが、「トランプ株」(TRUM_NOM)はほとんど暴落と言っていい。

いったい何があったのか。3月下旬と言えば、「人工中絶をした女性は罰せられるべき」「日本と韓国が核武装すればいいと思っている」などのトランプ発言が飛び出した時期だが、そんなことで潮目が変わるとは考えにくい。この程度は日常茶飯事というもので、失言が命取りになるなら、とっくの昔にフロントランナーの座を明け渡しているはずである。

種明かしは簡単で、4月5日のウィスコンシン州予備選挙で勝ち目が薄い、ということが見えてきたからであった。同州の代議員数は42と決して多くはないが、実際にクルーズ候補に大差で敗北してみると、現時点の代議員数は745人。残る16州769人の代議員のうち63.9%を確保しないと、「党大会までに過半数の1237人」という目標には届かなくなる。
もちろんこの後も、ニューヨーク州(4/19=95人)、ペンシルバニア州(4/26=71人)、カリフォルニア州(6/7=172人)などの大票田が残っている。とはいえ、紙一重で届かないというのがプロ筋の見方である2。つまりは単なる足し算の問題で、「選挙人の数が足りない」と見なされたことがオッズ急落の原因なのであった。

●7月の共和党大会で何が起きるのか?

そうは言っても、トランプ氏が共和党候補者選びで首位を走っていることにかわりはない。普通の年であれば、勝ち目がなくなった候補者が撤退していくので、「今年はもう××で決まり」という流れができる。党内の関心は副大統領候補の人選や政策綱領などに移り、党大会で行われる代議員投票は単なるセレモニー、というのが「吉例」である。

問題は、トランプ候補があまりにも多くの敵を作ってきたことにある。「敵を作ってそれを罵倒し、メディアの注目を集めて、支持者の溜飲を下げさせる」というパターンを繰り返してきたために、党内の敵が増え過ぎてしまった。特に主流派(Establishment)は、あらゆる手段を講じて「トランプ氏の正式指名」を避ける構えである。
そもそもトランプ候補では、本選での勝ち目は非常に低いだろう。2016年選挙に負けるということは、大統領選における共和党3連敗を意味するし、最高裁判事のバランスもリベラル派優位に転じることになる。また「トランプ大統領」を目指して戦うとなると、議会選挙への影響も危惧される。さらにトランプ候補の言動は女性や若者、マイノリティ層の評判が悪過ぎるので、中長期的な党勢の衰退にもつながりかねない。 ゆえに早い時期から、「今年は党大会が勝負」と見られてきた。いわば相手が投了してくれないから、即詰みにするまで指さねばならない将棋のようなものである。
あらためて整理すると、今後の候補者選びには以下の4パターンが考えられる。

① トランプ候補の獲得代議員数が1237人を超えて、党大会前に決着する。この場合は党主流派としても認めざるを得ないだろう。

② トランプ候補は1237票に届かないが、2位とは大差がついているので「民意を尊重すべき」との声が上がり、2回目の投票で「トランプ指名」で決着する3

③ 2回目以降の投票で2位のクルーズ候補が勝利する。この場合は党の手続きに則っているので、トランプ陣営としては異議を唱えにくい。

④ 2回目以降の投票で、ライアン下院議長、ロムニー前大統領候補などの「予定外の候補」が急浮上して勝利する。本選でクリントン候補と戦う上では「タマ」が良くなるが、トランプ本人とその支持者たちは当然、反発するだろう。

上記のうち①の可能性がほぼなくなったとして、②~④の3通りのどれで考えても、共和党が誰か1人の候補者の下に団結できるとは考えにくい。つまりトランプ(反主流派)、クルーズ(宗教右派)、ライアン(主流派)の誰が候補者となっても、党内不一致は否めない。下手をすれば党の分裂もあり、という悩ましい状況である。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  6. 6

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  9. 9

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

  10. 10

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。