記事

残念なバドミントン選手の賭博

スポーツ選手の、社会人としての教育、自覚は、どうなっているのか、という事件が、野球賭博に続いて、また起きてしまいました。

約4ヶ月後にあるリオデジャネイロ・オリンピックを目指し、現在世界2位で、メダルも期待されていた桃田賢斗選手が、2012年のロンドン・オリンピック代表の田児賢一選手とともに、違法カジノで賭博をしていたことを認めました。

リオでのオリンピックに出場できなくなるだけでなく、憧れの対象でもあった選手で、子どもたちや社会に与える影響も心配されています。

また、他の選手も関わっていたという話もあり、拡大することも懸念されています。

バドミントンをもっと広めるためということで、「バドミントンでお金を稼げることを、後に続く選手に示したい」として、アクセサリーや髪型にもこだわり、人気もあった桃田選手。

尊敬していた先輩の田児選手に誘われて、ということですが、自覚がなさすぎるとしか言いようがありません。厳しい処分が必要だと思います。

特に、田児選手は、大きな金額をかけ、違法賭博をした回数も多いので、処分の内容も、関わり方で差がでてくるのかもしれません。桃田選手は21歳、これから心をいれかえて、また活躍するチャンスを与えてほしい、とも思います。

スポーツ界の一流といわれる選手たちは、そのことだけにすべてをかけ、練習の毎日で、社会人としての教育が足りないのではないかと思います。

注目される存在であるからこそ、人としての自覚や責任を求められます。

スポーツ界あげて、選手の育成の仕方について、改めて考え直し、取り組んでほしいと思います。

あわせて読みたい

「バドミントン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    野党4党、あす内閣不信任決議案を提出へ

    ABEMA TIMES

    06月14日 19:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。