記事

また転向した中西輝政

産経新聞の「正論」欄で、中西輝政がまた自分の従来の主張を顧みないテキトーな批評を書いている。

「『妖怪』生んだ米国の戦略的過ち」というタイトルだ。

中西は「ニューズウィーク」の論説を肯定して、現在の米国のサンダースやトランプの「孤立主義」を、湾岸戦争からの米国の戦略的過ちのせいだと結論付けている。

中西輝政は湾岸戦争に反対していた。
ところがイラク戦争になると、いつの間にか親米保守となって、岡崎久彦と一緒に「イラク戦争支持」を主張し、二人で「小林よしのり批判」を行っていたのである。

わしは湾岸戦争もイラク戦争も、一貫してアメリカを批判し続けた。
だが、中西はイラク戦争で「転向」、そして今また「米国の戦略的過ち」として、「転向」しているのである!

要するに「風見鶏」なのだ。
風邪の強い方にフラフラ自分の顔の向きを変えているだけなのだ。

「ニューズウィーク」は、湾岸戦争と「9・11」同時テロ、そして2003年のイラク戦争が一体のものだと主張している。
次のように。

「ハイテク兵器の精密攻撃で、あっという間に片付いたはずの(湾岸)戦争がこれほど長引くなどと、25年前に誰が想像しただろうか」

湾岸戦争で「アメリカ一極の時代」を確立したと言われていたが、ジョージ・ケナンはブッシュ(父)政権を批判し、さらにNATOの東欧への拡大も批判していた。
「プーチンのロシア」を招く結果にしかならないからだ。

確かに米国の戦略的過ちが、世界を不安定化させ、テロの大波を生み、米国の「孤立主義」に終息した。
だが一貫して親米、従米路線を主張し続けた産経新聞、読売新聞、自称保保守派&ネトウヨ、そして自民党政権に、現在の米国の「孤立主義」を批判する資格もなかろう。

今は必死で米国に抱きついていくしかない、そう思考停止した従米保守派は、ミスリードした自分たちの過ちを認める勇気もすでに失っている。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  7. 7

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  8. 8

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  9. 9

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。