記事

また転向した中西輝政

産経新聞の「正論」欄で、中西輝政がまた自分の従来の主張を顧みないテキトーな批評を書いている。

「『妖怪』生んだ米国の戦略的過ち」というタイトルだ。

中西は「ニューズウィーク」の論説を肯定して、現在の米国のサンダースやトランプの「孤立主義」を、湾岸戦争からの米国の戦略的過ちのせいだと結論付けている。

中西輝政は湾岸戦争に反対していた。
ところがイラク戦争になると、いつの間にか親米保守となって、岡崎久彦と一緒に「イラク戦争支持」を主張し、二人で「小林よしのり批判」を行っていたのである。

わしは湾岸戦争もイラク戦争も、一貫してアメリカを批判し続けた。
だが、中西はイラク戦争で「転向」、そして今また「米国の戦略的過ち」として、「転向」しているのである!

要するに「風見鶏」なのだ。
風邪の強い方にフラフラ自分の顔の向きを変えているだけなのだ。

「ニューズウィーク」は、湾岸戦争と「9・11」同時テロ、そして2003年のイラク戦争が一体のものだと主張している。
次のように。

「ハイテク兵器の精密攻撃で、あっという間に片付いたはずの(湾岸)戦争がこれほど長引くなどと、25年前に誰が想像しただろうか」

湾岸戦争で「アメリカ一極の時代」を確立したと言われていたが、ジョージ・ケナンはブッシュ(父)政権を批判し、さらにNATOの東欧への拡大も批判していた。
「プーチンのロシア」を招く結果にしかならないからだ。

確かに米国の戦略的過ちが、世界を不安定化させ、テロの大波を生み、米国の「孤立主義」に終息した。
だが一貫して親米、従米路線を主張し続けた産経新聞、読売新聞、自称保保守派&ネトウヨ、そして自民党政権に、現在の米国の「孤立主義」を批判する資格もなかろう。

今は必死で米国に抱きついていくしかない、そう思考停止した従米保守派は、ミスリードした自分たちの過ちを認める勇気もすでに失っている。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  4. 4

    昭恵氏が自殺職員妻に送ったLINE

    文春オンライン

  5. 5

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  6. 6

    ワークマン 陳列変え2倍売る秘策

    fujipon

  7. 7

    ハイターで消毒…教師たちの悲鳴

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    感染爆発ならGoToは世紀の愚策に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  10. 10

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。