記事

リビア情勢(カッダーフィの武器の国際社会への脅威)

これまでもリビアでのカッダーフィの残した大量の武器がテロリストの手中に落ちる危険性が指摘され、また化学兵器(毒ガス)の貯蔵庫も見つかったとのニュースがありましたが(その他CNN等では映像入りで、ウラニューム原料のイエローケイクも多量発見されたことを報じています)、26日のal qodsd al arabi net の記事は、国連がこれらの武器がテロリストの手に落ちる危険性を警告したと報じています。

記事は、国連の政治問題担当事務次長が、安保理でのリビア審議で、カッダーフィは多量の近代兵器を残して行ったが、これらには地対空ミサイルも含まれているとして、それらがテロリストの手に落ちることについて懸念を表明したと報じています。

次長はまた、毒ガス(種類は不明だが、これまでの報道からすれば、マスタードガスかと思われる)の貯蔵庫もトリポリの南部435kmの地点で見つかっており、化学兵器禁止条約関係の専門家が調査中であると述べた由。
他方、同じく安保理で発言したジュブリル国民評議会の執行議長は、カッダーフィがリビアの安定にとって重要な脅威であり、彼は国際社会にとってもアルカイダと同じ程度の危険人物であるとして、カッダーフィに対する警戒を呼び掛け、その為にも国民評議会が責任を完全に果たせるように、リビア制裁の完全解除が必要と訴えたとのことです。

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-09-26-19-29-55.htm

記事の要点は以上ですが、アルジェリア、チュニジア等の周辺国は、カッダーフィの武器の流入に神経っを尖らせており、イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ等が、これらの武器を入手する危険性は極めて大きいと思います(すでに相当部分が彼らの手に入っている可能性がある)。特に肩撃ちの地対空ミサイルは民間航空にとっての脅威です。

またカッダーフィが自国民に対してマスタードガスを使用しなかったのは幸いですが(そんなものを使えば証拠が残るため、いくら悪のカッダーフィだって、そこまで馬鹿ではなかったということでしょう)、アルカイダ等は昔から大量破壊兵器の入手に関心を有しており、また使うことに何の躊躇いもないでしょうから、国連の指摘を待つまでもなく国際社会にとっての重大な脅威であることは間違いないと思います。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  6. 6

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  7. 7

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  8. 8

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

  9. 9

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

  10. 10

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。