記事

サウデイ女性の政治参加

25日付のal qods al arabi net とhurryiet net の記事は、サウディ国王がサウディ女性に対して諮問評議会(サウディでは国会はなく、この評議会が国王に対する諮問機関としての役割を果たしている)と地方議会の投票権および被選出権を与えらると発表したと報じています。

両方の記事によると、アブダッラ国王が25日、サウディ女性は諮問評議会の正式メンバーに選ばれる資格と地方議会で選挙する権利を与えられるが、これは次の地方選挙から実行されると発言したとのことです。諮問評議会の選挙権については不明。

http://www.hurriyetdailynews.com/n.php?n=saudi-king-gives-women-right-to-vote-2011-09-25

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest/data/2011-09-25-10-51-11.htm


サウデイの女性は、これまで自ら運転する権利も有さず、勿論政治参加などとんでもない、という超保守的な社会にいるとして世界的に有名でした。また学校等も男女別教育が行われてきました。

現在のアブダッラ国王は、以前サウディの有力王族の中では保守派として知られていましたが、ジェッダの科学技術大学院を男女共学とする政策を多くの反対を押し切って実現する等、「保守派こそ真の改革の担い手になり得る」という逆説を現実のものとしてきました。今では王族の中の真面目な進歩派と言う評価さえあると思います。

このニュースが本当で、宗教界等の保守派の反対が抑えられ、女性の政治参加が実現すれば、サウディ社会にとっては誠に画期的な事件になります。

どうもアラブの春に対いて、いわゆる昔の革新派(エジプト、シリア、リビア、イエメン)が暴力で抵抗しているのに対して、超保守派と言われてきたサウディなどの方がよほど柔軟かつ前向きに対処している印象を受けます。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。